[ 本日の神津島 ] の最近の情報

夕暮れ散歩に出かけよう

今冬は西風が非常に強く、海も時化の日が続いております神津島。

しかし、昨日は風も少し弱まりましたので、夕暮れ散歩に出かけました。

ここは、村落より徒歩約30分のありま展望台です。

この十字架はおたあジュリアを偲び建てられました。

おたあジュリアは江戸時代のキリシタンで、徳川家康に反発し島流しとなりました。

大島・新島・神津島と流れ、この地でその生涯を終えたと言い伝えられています。

気づけば日没も長くなり、春の訪れが待ち遠しいです。

IMG_8719.jpg

IMG_8723.jpg

穴場な観光地

島の西側には前浜・沢尻湾・長浜・赤崎と4ヶ所の海水浴場があります。

その道中には阿波命神社や名組トロッコ跡地などいくつかの景勝地がありますが、今回は地図にも載っていない?穴場な観光地をご紹介します。

いずれも自然の創造物に驚くことでしょう。

【うらんね海岸】

長浜を少し過ぎたところに位置する海岸

人より大きな岩がゴロゴロと並んでます。

うらんね海岸.jpg

【たたみが鼻】

うらんね海岸を少し過ぎたところに位置する岩場

まるで畳のような大きな一枚岩が特徴的です。

たたみが鼻.jpg

【おおだちの入江】

名組ドンタクハウス手前に位置する入江

自然が作り出した岩壁がなんとも幻想的です。

おおだちの入江.jpg

新年のご挨拶

2021年、令和3年が始まりました。

謹んで新春のお祝い申し上げます。

本年も神津島村役場へ、ご支援とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

「本日の神津島」では島の日常やイベントなど、地域密着型の情報を発信して参ります。

皆様が御健勝で御多幸でありますよう、心からお祈り申し上げます。

多幸湾天上山.jpg

年の暮れのご挨拶

2020年も本日で最後となりました。

時が経つのはあっという間に感じます。

特に今年は激動の年であったと思います。

2020年12月1日、神津島はNPO国際ダークスカイ協会により、正式に星空保護区に認定されました。

この島には美しい海、雄大な山、綺麗な星空があります。

来年は多くの観光客で賑わうことを切に願います。

今年も「本日の神津島」をご覧いただき誠にありがとうございました。

来年もどうぞよろしくお願いいたします。

皆様、よいお年をお迎えください。

よたね広場公園(上).jpg

季節で変わる海の色

聖夜が終わり、今年も残すところわずかとなりました。

皆さんのお家にサンタさんは来ましたか?

神津島は強烈な西風が吹き、高波が打ちつけています。

しかし、海の色の美しさが一段と綺麗に見えます。

KOZU BLUE(神津島の海の色の呼称)は季節によって、顔色が変わるんです。

ご存じない方はきっと驚くことでしょう。

冬の荒波.jpg

冬の神津島

今日の神津島は西風ビュービュー、いよいよ冬本番の到来です。

この一週間を振り返ると、平均して10m程の風が吹いています。

寒いです。車はあっという間に真っ白け。洗車は欠かせません。

しかし、悪い事ばかりではありません。

冬になると夕日や星空が年間を通じて一番綺麗に見られます。

村落(西側)からは伊豆半島が見え、富士山が顔を覗かせます。

年間を通じて楽しめるのが神津島なのです。

多幸湾三浦港.jpg

夕日 師匠.jpg

星(三浦湾展望台).JPG

東京の星空保護区で天体ショー観察

西からの季節風が吹き、いよい本格的な冬の到来です。

しかし、こんな季節におすすめなのが星空の観測です。

冬は晴天の日が多く空気が澄んでいるため星空観測にはうってつけです。

さて、本題の天体ショーですが今、木星と土星が接近しています。

12月17日18時ごろ前浜海岸で観測したのですが三日月と木星・土星が輝いていました。

この数日が観測のチャンスです。

日没から2時間ほどまで南西の空を眺めてみてください。

a

星空1.jpg

月、木星、土星

a

星空2.jpg

木星とガリレオ衛星

写真提供©KozuPhotoJack 藤井智久

求む!クジラ目撃情報

最近、神津島の近海でクジラの目撃情報が相次いでいます。

生息状況を把握したいのでクジラを見かけた方はSNS等にハッシュタグ#神津島 #クジラと発見した日時・場所を入力して情報を公開していただけると幸いです。

皆様の発見情報をお待ちしております。

クジラa.jpgkujira.jpg

散歩道で見つけた黄色い花とは

海岸沿いを散歩していると、可愛らしい黄色い花を見つけました。

キク科キク属のイソギクです。

生まれ育った所にあるとどこにでもあるような感覚をおこしますが、千葉県銚子の犬吠岬から静岡県の御前崎までの海岸に分布しています。

花言葉は「感謝」「清楚な美しさ」「大切に思う」「静かな喜び」

冬を迎えつつある、神津島。椿の花も顔を覗かせてきました。

イソギク?.jpg

イソギク?.jpg

友好都市 佐久市(長野県)

佐久市(長野県)との交流は、神津姓の取り持つ縁により昭和52年から始まりました。

昭和53年に神津島村青年団が来市、翌年の昭和54年には神津島村が「佐久鯉のぼり」に参加以来、神津島村からは産業フェア、佐久市からは商工産業まつりに参加するなど、双方の諸事情を通じ交流が続いています。

平成6年3月24日に提携調印がなされました。

そんな佐久市の特産品「りんご」が神津島で販売されました。

今回は3種の「りんご」が販売され、美味しい「りんご」を求めて、多くの島民で賑わいました。

感染症が落ち着いた際は、また佐久市と共にイベントが開催できる日を楽しみにしています。

会場?.jpgのサムネイル画像会場?.jpgのサムネイル画像リンゴ?.jpgのサムネイル画像リンゴ?.jpgのサムネイル画像リンゴ?.jpgのサムネイル画像

▼佐久市役所HP

https://www.city.saku.nagano.jp/

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち本日の神津島カテゴリに属しているものが含まれています。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2021年1月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31