海岸に舞ういい香り

暖かく日の当たりのよい砂地海岸に群生する海浜植物の「ハマゴウ」

本州以南に分布するこの花は、漢方薬や料理に添えて食べることができます。

淡い青紫色の可憐な花の美しさはもちろん、爽やかな香りも魅力です。

名前の由来は諸説ありますが、海辺を這うように繁茂する姿(ハマハウ)からという説が一般的です。

また、植物全体からよい匂いがすることや古くから香として利用されてきたことから、和名が浜香となったという説もあります。

【開花時期】 7月?9月

【利用方法】 薬草・アロマ、入浴剤、食用、お酒 

【花言葉】 愛の喜び

99F1.jpg

9A60.jpg

このブログ記事について

このページは、産業観光課が2021年7月13日 12:13に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「季節を彩るユリの花々」です。

次のブログ記事は「露天風呂でととのう」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2021年7月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31