2021年7月過去の情報

美しい白い砂浜

島に到着してまず目に付くのが、「前浜海岸」かと思います。

集落の目の前にあるため、どのお宿に泊まっても徒歩数分でアクセスすることができます。

全長800mの白い砂浜が美しい、神津島を代表するメインビーチです。

この特徴的な白い砂浜のビーチは伊豆諸島の中でも、神津島・式根島・新島だけです。

こんな素敵なビーチが東京にあるなんて...

【注意事項】

・夏は紫外線が非常に強いため、帽子・サングラス・日焼け止めをご用意ください

・熱中症にならないよう、こまめな水分補給を行ってください

・前浜海岸ではたびたび離岸流が発生しています。遊泳の際は、十分に気を付けるようにしてください。

...............................................................

【前浜海岸 南側より】

前浜.1.jpg

【前浜海岸 北側より】

前浜.2.jpg

露天風呂でととのう

すっかり夏色になりました、神津島。

楽しい季節がやってきました。

海で泳ぐもよし、山に登るもよし、星を見に行くもよし、楽しみ方は無限大です。

たくさん遊んだ後は、温泉で疲れを取りに行きませんか?

夏季限定の露天風呂がオープンしています。

大露天.jpg

【大露天風呂】

伊豆諸島随一の大きな露天風呂

低温に設定されているため、ゆっくりまったりくつろげます。

展望.jpg

【展望露天風呂】

少し高め岩場にある露天風呂

ここで見る夕日は圧巻です。

、、、、、

本日も、ととのいました。

............................................................

※露天風呂ご利用の際は、水着が必要になります

※利用人数の制限:5名以上のグループ・団体の同時入館禁止(時間入れ替え制にて入館)

 詳細は下記URLをご一読ください

https://vill.kouzushima.tokyo.jp/blog/2021/06/post-534.html

海岸に舞ういい香り

暖かく日の当たりのよい砂地海岸に群生する海浜植物の「ハマゴウ」

本州以南に分布するこの花は、漢方薬や料理に添えて食べることができます。

淡い青紫色の可憐な花の美しさはもちろん、爽やかな香りも魅力です。

名前の由来は諸説ありますが、海辺を這うように繁茂する姿(ハマハウ)からという説が一般的です。

また、植物全体からよい匂いがすることや古くから香として利用されてきたことから、和名が浜香となったという説もあります。

【開花時期】 7月?9月

【利用方法】 薬草・アロマ、入浴剤、食用、お酒 

【花言葉】 愛の喜び

99F1.jpg

9A60.jpg

季節を彩るユリの花々

本格的な梅雨となり、神津島でも不安定な天候が続いております。

しかし、植物にとっては恵みの雨。

島内のいたるところで、ユリの花々が顔を覗かせています。

サクユリ.jpg

【サクユリ】

天上山登山道沿いの土手面や岩場の窪みにモウセンゴケ(※1)が生育し、低灌木の隙間に巨大なサクユリと小さなカキラン(※2)が混生する何とも不思議な光景が見られます。

野生ユリとして世界最大で、成人男性の手のひらほどの個体もあります。

7月中旬から下旬にかけて、山頂域の低灌木帯はユリまたはユリと途切れることがありません。

戦後の一時期、ユリ根を食用としたために激減しましたが、その後回復しました。

《おすすめ観察スポット》

白島6合目へ向かう宮塚山線

※1

モウセンゴケ科モウセンゴケ属に分類される多年草の1種

食虫植物の一種で、葉にある粘毛から粘液を分泌して虫を捕獲する。

※2

ラン科カキラン属の多年草

別名がスズラン

参照元:Wikipedia

スカシユリ.jpg

【スカシユリ】

あちこちににぎやかに咲くスカシユリ。

道端にはコガンピ(※1)やヒキヨモギ(※2)が咲き、林床では小さなヒナノシャクジョウ(※3)が点在して咲きます。

海岸の砂地、岩場、天上山の草地やスダジイの樹上、あるいは道沿いの土手面とその生育地は多岐にわたっています。

太平洋側では静岡県以北、日本海側では新潟県以北に分布し伊豆諸島が南限となります。

《おすすめ観察スポット》

温泉保養センターからめいし遊歩道までの道端

※1

ジンチョウゲ科

関東地方以西、台湾まで分布する落葉小低木。

※2

ハマウツボ科ヒキヨモギ属の半寄生植物。

※3

ヒナノシャクジョウ科ヒナノシャクジョウ属の植物。

ごく小さな腐生植物で、森林の林床に生育し、ごく小さな花を着ける。

参照元:Wikipedia

.........................................

参考文献:神津島花図鑑

このアーカイブについて

このページには、2021年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2021年6月です。

次のアーカイブは2021年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2021年8月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31