島流し

伊豆諸島が流刑の地として定められたのは、奈良時代の新亀元年(724年)といわれているが、小さな島は流刑の受け入れにより、島の生活がおびやかされる状況を考慮して除外されていました。

江戸時代に入ってから徳川幕府は、寛保二年(1742年)に、お定め書百か条を公布し流刑を遠島と言い、その流刑地を伊豆諸島に定め江戸近辺の犯罪人を島送りにしました。

先ず遠流の地として、八丈島、中流の地として三宅島、近流の地として大島・新島を定めて犯罪者を送り、神津島・御蔵島は島替えと言い島で再び罪を犯した者を送り込みましたが、この二つの島は地形も厳しく食料も少ないので再犯とは言え、流人を大勢送ることはなかったようです。

島に送られた流人の生活は「日常勝手たるべし」とされて、すべて自活する事が原則で品と言う「仕送り」をうける一部の流人や手に職のある者を除いては、その日その日の食を得るために、島の人に仕事の手伝いをして食料を得ていたようです。

神津島に送り込まれた流人の数はよくわかっていません。

涛響寺の古い過去帳によると、おたあジュリアが神津島へ島流しとされたのは、慶長十七年(1612年)となっています。

【文献・資料提供】

中村親夫さん

【流人墓地】

IMG_3111.jpg

このブログ記事について

このページは、産業観光課が2021年5月22日 10:45に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「伊豆諸島創生神話」です。

次のブログ記事は「季節の訪れを知らせる野鳥」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2021年6月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30