神津百観音 庵屋堂

開祖は石野田嘉ェ門の祖と言われ、堂の中には阿弥侘如来像を祀り

外の境内には正観音菩薩を中心に七観音を配し

コの字型に並べられた33の石像に御本尊名と札所番号が刻印されています。

神津島では「庵屋堂」「秩父堂」「観音堂」を合わせて百観音巡りができ

これらは大切な人が心安らかに成仏するようにとの願いを込めて、お参りする場所です。

島の暮らしに息づいてきた信仰心の篤さ、幸福を願う心を感じられます。

庵屋堂1.jpg

庵屋堂2.jpg

このブログ記事について

このページは、産業観光課が2020年3月 3日 11:47に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「島の歴史を感じよう」です。

次のブログ記事は「名組湾とトロッコ跡」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2020年3月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31