備えあれば患いなし 天上山

神津島のシンボル天上山

標高572メートルのこの山は、花の百名山に指定されており、四季折々の花が楽しめます。

この時期は、天上山のツツジが見頃を迎えます。

表砂漠ツツジ?.JPG

表砂漠ツツジ?.JPG

写真は表砂漠にて撮影した、オオシマツツジです。

......................................................................................................................

ドクガ.jpg

※毛虫にご注意

例年5月から6月にかけ、天上山全域にドクガと思われる毛虫が発生しています。

この毛虫は体長20ミリメートルほどで、細かい毒針毛を持ち、これが皮膚に刺さるとかゆみや炎症を引き起こします。

直接触れるだけでなく、風に乗って飛散した毒針毛で被害にあう可能性もあります。

トレッキングの際は十分に注意してください。

【毛虫に刺されないために】

長袖・長ズボン・手袋を着用し、肌の露出を避ける。

コースの中央を歩き、むやみに草むらに入らない。

【毛虫に刺されたら】

毒針毛数が刺さると、数分から数時間でかゆみを生じ、赤く腫れあがります。

(時に、全身じんましんのような症状が続く場合もある)

患部を掻きむしると刺さった毒針毛が折れて広がり、被害が拡大します。

掻いたりこすったりせず、セロテープなどで患部をそっと押さえてはがし、さらに石鹸と流水で洗い流しましょう。

抗ヒスタミン軟こうを塗り、炎症がひどい場合は医師の治療を受けましょう。

...............................................................................................

◆お知らせ◆

令和2年5月25日に「緊急事態宣言」が全国で解除となりました。

神津島村では、段階的に令和2年6月1日から来島自粛の「緩和」ということで、条件により皆様をお迎えしていきたいと思います。

神津島村HPトップページをご覧くださいますようお願い申し上げます。

水配神話

神津島の島名の由来は神集島といわれています。

その昔、伊豆諸島の中心である神津島の天上山に、島々の神様が集まり会議をしました。

一番重要な会議は、生命の源である「水」をどのように分配するかでした。

しかし話はまとまらず、議長(神津島の神様)が、翌朝来た順に分配しようと提案しました。

最初に来たのが御蔵島の神様、御蔵島は最も多くの分配を受けました。

二番目は新島の神様、三番目は八丈島の神様、四番目は三宅島の神様、五番目は大島の神様でした。

最後に来たのが利島の神様、残り少ない水を見た利島の神様は怒り狂い、池に飛び込み暴れました。

(利島の神様はお酒を飲みすぎて寝坊したそう)

その水が四方八方に飛び散り、神津島は水が豊富な島になったといわれています。

これが今も語り継がれる「水配神話」です。

水配り像.jpg

........................................................................

◆おしらせ◆

神津島では、観光やお仕事でご来島を予定されている皆様に対し、『来島自粛要請』をお願いすることになりました。

来島自粛延長期間:令和2年4月7日から解除されるまでの間(解除を通知します)

神津島村HPトップページをご覧いただきますようお願い申し上げます。

絶景スポットで大海原を望む

多幸湾三浦港.jpeg

ここは黒曜石展望地

多幸湾三浦港を一望することできます。

右手に見える大石は丸島、左手に突き出て見えるのは砂糠山(黒曜石地層)です。

中央の桟橋にはさるびあ丸が着港しています。

現行の2代目さるびあ丸は6月6日に就航を終え、新造3代目さるびあ丸が6月25日より就航します。

2代目さるびあ丸が神津島に来るのも、残すところ数回となりました。

さるびあ丸.jpg

........................................................

◆おしらせ◆

神津島では、観光やお仕事でご来島を予定されている皆様に対し、『来島自粛要請』をお願いすることになりました。

来島自粛延長期間:令和2年4月7日から解除されるまでの間(解除を通知します)

神津島村HPトップページをご覧いただきますようお願い申し上げます。

変わりゆく海の幸

海の幸が豊かな神津島。

島を代表する魚といえばキンメダイかと思いますが、今と昔では水揚げされる種が変わってきています。

カジキパネル222jpg.jpg

▼カジキ

昭和53年頃まではカジキが漁業の中心でした。

水中における最速のスプリンターで、種によっては時速100キロメートル以上に達すると考えられています。

その名残を現在でも島内のあちこちで見ることができます。

タカベパネル3.jpg

▼タカベ

夏に旬を迎え、少し緑がかったブルーグレーの魚体の背中に金色の筋が入った、大変美しい魚です。

塩焼きにするとふっくらした身に脂がまわり、白身魚と青魚のいいとこどりをしたような味わいは絶品です。

高級魚で都内ではなかなか手に入りません。

...............................................................

◆お知らせ◆

神津島では、観光やお仕事でご来島を予定されている皆様に対し、『来島自粛要請』をお願いすることになりました。

来島自粛期間:令和2年4月7日から5月10日まで(予定)

神津島村HPトップページをご覧いただきますようお願い申し上げます。

夏の訪れ

ハイビスカス.jpg

ハイビスカスは赤や黄色、白、ピンク、オレンジなど原色の鮮やかな花色が魅力的な熱帯花木です。

花の寿命はほとんど1日限りですが、大輪の品種や涼しい季節は2日もつことがあります。

見つけた時はシャッターチャンスですね!

世界にはハイビスカスの園芸品種は1万種近くあるそうです。

赤いハイビスカスの花言葉は「勇敢」、花弁の色により意味が変わります。

この花に夏の訪れを感じるのは私だけでしょうか?

◆お知らせ◆

神津島では、観光やお仕事でご来島を予定されている皆様に対し、『来島自粛要請』をお願いすることになりました。

来島自粛期間:令和2年4月7日から5月10日まで(予定)

神津島村HPトップページをご覧いただきますようお願い申し上げます。

春の唄

物忌奈命神社では季節の花が見頃を迎えています。

オオシマザクラ.jpg

【オオシマザクラ】

房総半島から伊豆半島・伊豆諸島に分布しており、葉が広がると同時に花が咲きます。

野鳥の囀り、白いコントラストの花弁と神社が醸し出す雰囲気に春の訪れを感じます。

藤の花.jpg

【藤の花】

藤の良い香りと紫色の綺麗な花弁にとても癒されます。

直射日光の差す場所を好む好日性植物で、花序は長くしだれて、20??80?に達する個体もあります。

神津島では四季を通じて様々な花を観察することができます。

この事態が早急に終息し、皆様をお迎えできる日を祈っています。

◆お知らせ◆

神津島では、観光やお仕事でご来島を予定されている皆様に対し、『来島自粛要請』をお願いすることになりました。

来島自粛期間:令和2年4月7日から5月10日まで

神津島村HPトップページをご覧いただきますようお願い申し上げます。

宵の明星

金星での影.jpeg

金星の光でできた「影」

ここ最近、金星が夕方から夜のはじめにかけて、西の空で明るく輝いています。

俗に言う「宵の明星」です。

ところで皆さん、その金星の光でも影ができてしまうことをご存知でしたか?

先日も白い紙に手をかざしてカメラのシャッターを切ったところ、薄っすらと手の影が写りました。

これはいかに「神津島の夜空が暗いか、周囲に余計な人工の明かりがないか」ということを示すことになります。

これから金星は、今月28日の最大光度(-4.5等級)にかけて更に明るさを増します。

皆さんも新型コロナが落ち着いたら、ぜひ神津島の素晴らしい星空を眺めにいらしてください。

赤崎遊歩道と金星1.JPG

◆情報提供 山田陽志郎 様

◆写真提供 Full Earth/フルアース 古谷亘 様

◆写真詳細(上段)

撮影日時:2020年4月14日 20:52

撮影機材:Canon 6D + SIGMA 20mm F1.8 EX DG

機材設定:F1.8 ISO6400 25秒

◆神津島では星空保護区の認定を目指しています

https://vill.kouzushima.tokyo.jp/blog/2020/01/post-456.html

◆お知らせ◆

神津島では、観光やお仕事でご来島を予定されている皆様に対し、『来島自粛要請』をお願いすることになりました。

来島自粛期間:令和2年4月7日から5月10日まで

神津島村HPトップページをご覧いただきますようお願い申し上げます。

咲き誇るツツジの花よ

オオシマツツジはヤマツツジの島嶼変異型です。

冬でも葉が一部残る半常緑性で、花の彩りも多彩で赤から桃色など微妙に違っています。

例年、5月から6月中旬まで

天上山の裏砂漠に点在するオオシマツツジの小群落「緑の島」が、色とりどりに色づき白砂に輝きます。

神津島には特産種のコウヅシマツツジがあり

これはオオシマツツジとハコネコメツツジが自然に交配して誕生しました。

3種のツツジを探し、その違いを観察してみてください。

あぜりあ.jpg

◆お知らせ◆

神津島では、観光やお仕事でご来島を予定されている皆様に対し、『来島自粛要請』をお願いすることになりました。

来島自粛期間:令和2年4月7日から5月10日まで

神津島村HPトップページをご覧くださいますようお願い申し上げます。

高級食材ケンサキイカ

漁業が盛んな神津島は年間10億円以上の漁獲高を誇り、東京随一となっています。

この時期に旬を迎えるのが伊豆諸島の名物・赤イカ、標準和名ではケンサキイカといいます。

関東では「赤イカ」、九州では「白イカ」と呼ばれ、「イカの王様」とも言われています。

関東ではスーパーなどに並ぶことはまずない、高級食材です。

旨み甘みが強く極上の味で、冷凍保存しても美味しくいただけます。

神津島では夕暮れから朝方にかけてよく釣れます。

赤イカ.jpg

塩辛や一夜干しなどの加工品でいただけます。

島内のお土産屋さんでお買い求めくださいませ。

◆お知らせ◆

神津島では、観光やお仕事でご来島を予定されている皆様に対し、『来島自粛要請』をお願いすることになりました。

来島自粛期間:令和2年4月7日から5月10日まで

神津島村HPトップページをご覧くださいますようお願い申し上げます。

不動池の龍神様

島のシンボル天上山には、いくつかの池が点在しています。

梅雨や秋雨の後には綺麗なハートの形になる不動池

入口に鳥居が建ち、中洲には龍神様が祀られてます。

この事態が一日も早く終息し、また皆様とお会いできるよう日を楽しみにしております。

不動池 龍神様.jpg

◆お知らせ◆

神津島では、観光やお仕事でご来島を予定されている皆様に対し、『来島自粛要請』をお願いすることになりました。

来島自粛期間:令和2年4月7日から5月10日まで

神津島村HPトップページをご覧くださいますようお願い申し上げます。

アイテム

  • ドクガ.jpg
  • 表砂漠ツツジ?.JPG
  • 表砂漠ツツジ?.JPG
  • 水配り像.jpg
  • さるびあ丸.jpg
  • 多幸湾三浦港.jpeg
  • カジキパネル222jpg.jpg
  • タカベパネル3.jpg
  • カジキパネル2jpg.jpg
  • 赤いかパネル2.jpg

2020年6月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30