第44回 神津えびね展

4月10日・11日の2日間、生きがい健康センターにて「第44回 神津えびね展」が開催されました。

コウヅエビネは村の花で、とてもいい香りです。

70年代の園芸ブームの際は、人気の高い花でもありました。

会場では様々な色をつけたエビネが展示され、自身のお気に入りのエビネに投票。

くじ引きが当たれば豪華景品(エビネ・野菜など)がプレゼントされました。

今回、会場に足を運べなかった皆様のためにいくつか写真を掲載します。

お気に入りの一輪を選んでみてください。

IMG_9184.jpg

エントリーナンバー.1

IMG_9185.jpg

エントリーナンバー.2

IMG_9186.jpg

エントリーナンバー.3

IMG_9187.jpg

エントリーナンバー.4

色とりどりの花

多幸湾ファミリーキャンプ場近くのつつじ公園では、この時期になると赤やピンク・紫に白など色とりどりのつつじの花を咲かせます。

神津島では、オオシマツツジ・ハコネコメツツジ・コウヅシマヤマツツジを観察することができます。

天上山の山頂付近では、5月中旬から6月中旬に開花のピークを迎えます。

緑の島といわれる円錐形の小山に咲くオオシマツツジは、訪れた人を魅了します。

皆様はどの色のつつじがお好みですか?

つづじ公園.jpg

つつじ公園

つづじ紫.jpg

つつじの花(紫)

つづじピンク.jpg

つつじの花(ピンク)

まっちゃーれのビジターセンター

まっちゃーれセンター2階、ビジターセンターの星空コーナーがグレードアップされました。

新しパネルには、神津島の星空保護区に対する取り組みが詳しく掲載されています。

また、声明文や島内で撮影された星系写真も展示。

その他にも、島内で見られる花や野鳥・魚の標本などが展示されています。

船までの待ち時間やすきま時間、立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

ビジター?.jpg

星空コーナー

ビジター?.jpg

星空コーナー

ビジター?.jpg

星空コーナー

2021年3月26日・27日、東京都有楽町駅前広場におきまして、「東京宝島 神津島フェア2021」を開催しました。

天候に恵まれ、多くのお客さんにご来場いただき賑わいを見せました。

ご来場いただきました皆様、ありがとうございました。

今回で3回目の開催となる独自のイベント神津島フェアは、特産品の販売や観光案内、ステージ上では島の紹介を行いました。

神津島は東京都の離島で、関東圏に住む人にとっては身近な所であることを知っていただきたいです。

現状、旅行に出かけることは困難かと思いますが、世の中が落ち着き旅行に行けるようになったら、神津島に遊びに来ていただきたいと強く思っております。

また、皆様と神津島でお会い出来る日を楽しみにしております。

1.JPG

ステージの様子

2.jpg

会場の様子

3.jpg

会場の様子

ほうそう様にお参り

村内を散歩していると、鳥居をよく見かけます。

神津島には多くの神様いて、島民の暮らしを見守ってくれています。

その一柱、ほうそう様は子供らを守ってくれる神様です。

正月の十四日を神津島では花正月と言い、子供らの無病息災を祈る行事が行われます。

住宅の間に鎮座しているのも、趣を感じますね。

ほうそう様.jpg

星空保護区看板

神津島村は、2020年12月1日星空保護区に認定されました。

この制度の内容について記された、星空保護区看板が設置されました。

星空保護区の認定には様々な条件があります。

・夜空が暗いこと

・屋外照明が※IDAの基準をクリアしていること

※IDA)国際ダークスカイ協会

・地域の理解、賛同

・光害教育や暗い夜空を体験できるプログラムやツアーの実施

特に※光害は多くの悪影響を及ぼす、環境問題です。

※光害)過剰または不適切な人口の光による公害

この看板は、前浜海岸・よたね広場に設置してあります。

探してみてくださいね。

星空保護区看板.jpg

koudushima_kanban2021_0312 (004).jpg

 

東京の有楽町駅前広場にて

「東京宝島 神津島フェア2021を開催いたします!

 

十分な感染症対策を講じて実施いたします。

なお、緊急事態宣言が当日まで延長された場合は中止いたします。

 

日 時

3月26日(金)11:00-19:00

3月27日(土)11:00-17:00

※状況により終了時間が早まる場合がございますのでご了承ください。

 

会 場

有楽町駅前広場

 

東京の有楽町駅前広場で開催される「東京宝島 神津島フェア2021」。

島の特産品販売、観光案内、キッチンカーで島料理の提供などを行い神津島をPRいたします。

特産品をまとめて5,000円以上お買い上げの方には「カンムリンストラップ」をプレゼント!

この機会にぜひ、ご来場いただき、神津島フェアをお楽しみください!

 

Hyuga breweryビール 2.png 

 

《島特産品》

伊勢海老(生)、金目鯛(生)

赤イカ入り塩辛(甘口、中辛、辛口、激辛)

あしたば(生葉)

サメジャーキー

キンメダイ干物、マサバ干物

うつぼ干物

キンメダイ魚醤、サバ魚醤

島焼酎 盛若

地ビール

地のり

パッションフルーツジャム

パッションフルーツシロップ

サツマイモ焼きジャム

※数に限りがありますので、品切れの際はご了承ください。

 

キッチンカーにて島グルメのご用意あります!

 

・明日葉ピザ

・明日葉チーズ春巻き

・キンメダイの大根汁

・キンメダイ、メダイフライ等

 

みなさまのご来場をおまちしております!

水平線の卵

あっという間に3月になりました。

冬の西風が落ち着き、徐々に気温も高くなり、過ごしやすい季節となりました神津島。

皆様いかがお過ごしでしょうか?

一都三県の緊急事態宣言も延長され、我慢の日々が続いているかと思いますが、昨夕は散歩に出かけました。

この写真は昨夕に撮影した夕日なので、正確には「昨夕の神津島」ですね。

このブログでは何度も夕日を取り上げ記事にしておりますが、写真で見るより肉眼で見る方が圧倒的に美しいです。

夕日は毎日その顔色を変え、我々島民を楽しませてくれます。

自分が悩んでいる事もちっぽけに感じたり。

明日はどんな夕日になるかなぁ...

20210310.1.jpg

20210310.2.jpg

長浜海岸(五色浜)

長浜海岸の向え、参道鳥居の先には神津島の開祖とされる三島大社の正后を祀る、阿波命神社が鎮座しています。

豊漁と家内安全祈願に島民の信仰が厚く、長浜様と慕われ、毎年4月15日に例大祭が行われています。

この海岸一帯には、渚に色とりどりの小石があることから、五色浜とも言われ、昔からこの浜の石を持ち帰ると、必ず神罰があたると言い伝えられています。

長浜の石は寄せては返す波間に見え隠れして、浜に来る人を永遠に優しく迎えてくれます。

長浜.jpg

五色石.jpg

神様が降臨しました

水が豊富な神津島。

各家庭の水道水は地下水が利用され、島内には東京の名湧水57選に選ばれている湧水があります。

山の中に湧く「つづき湧水」と海沿いに湧く「多幸湧水」です。

昨日、島民から「多幸湧水に神様が降臨したぞ!」との情報をいただき、さっそく足を運んでみました。

いらっしゃいました、「えびす様」です。

なんということでしょう...左手には大きな鯛を・右手には竿を持っています。

えびす様は、七福神の一柱で漁業神として知られています。

神津島は伊豆諸島一の漁獲高を誇る、生粋の漁師村です。

えびす様、いつも私達を見守りいただきありがとうございます。

いつまで多幸湧水にいらっしゃるか分かりませんが、水汲みに来るたび、挨拶は欠かせませんね。

えびす様.jpg

アイテム

  • IMG_9187.jpg
  • IMG_9186.jpg
  • IMG_9185.jpg
  • IMG_9184.jpg
  • つづじ公園.jpg
  • つづじ紫.jpg
  • つづじピンク.jpg
  • ビジター?.jpg
  • ビジター?.jpg
  • ビジター?.jpg

2021年4月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30