来島自粛要請の「緩和更新」について(令和2年6月19日から)
The easing of the self-restraint request on Kozushima Island (19th of June 2020 onwards)

 令和2年4月7日に国より発出されました「緊急事態宣言」により、神津島村でも同時に「来島自主要請」を行っております。皆様の来島自粛のご協力により、神津島村には現在まで「感染者ゼロ」という結果で来ておりますことを、心より感謝申し上げます。令和2年5月25日に「緊急事態宣言」が全国で解除となり、神津島村でも「来島自粛解除」としたいところではございますが、これまでの来島者ゼロの状態から、一気に解除しますと感染リスクが非常に高まり、住民の不安は高まるばかりです。

 このため、神津島村では段階的に、令和2年6月1日から来島自粛要請の「緩和」ということで、下記条件により皆様をお迎えしていきたいと思います。コロナ疲れなども影響し、多くの皆さまが神津島の自然を求め、ご来島の計画を立てていただき、うれしいことなのですが、来島のお客様が増えるということで「感染リスクが高まる」という住民の不安があることを、ご理解いただきますようお願い申し上げます。

 また、万一、感染者または感染疑い者が発生した場合は、神津島村の脆弱な医療体制では、到底対応できない状況であることをご理解ください。

【施行日】

 令和2年 6月 1日(月) 神津島村来島自粛要請「緩和」の施行

令和2年 6月 19日(月) 神津島村来島自粛要請「緩和更新」の施行

【来島の諸条件】

1 宿泊施設を事前に予約され、宿泊施設を確保されていること。(当日予約不可) ※基本条件

2 渡航2週間前から旅行当日までに、発熱や倦怠感などの症状がないこと。

3 他県からの移動でないこと。 ※国の指針により削除

4 グループや団体の来島自粛要請は継続

5 下記、留意点を厳守いただけること。

 ・「手洗い・消毒の徹底」、「マスクの着用」、「3密を避ける」「お互いの距離の確保」の感染防止対策を十分に取られていること。

 ・神津島では、キャンプ場は閉鎖中、条例で野宿は禁止となっています。村の条例、決まりごとを守られること。

 ・島の医療の現状をご理解されていること。

【観光施設の状況】

 ・温泉保養センター(レストラン):6月1日より入館人数を制限して営業再開

 ・よっちゃーれセンター     :入場人数を制限しての営業

 ・多幸湾ファミリーキャンプ場  :当面閉鎖中

 ※「緩和」ということで、宿泊施設事業者は、「宿泊施設新型コロナウイルス感染症防止対応ガイドライン」により、宿受け入れ人数制限、消毒の徹底などの準備などが整わず、営業再開を見送っている施設がございます。予約が取りづらい状況ですが、ご理解をお願い申し上げます。

 なお、「緊急事態宣言」の再発出、東京都内及び全国の感染者の状況により、再び神津島村で「来島自粛要請」を発出する場合もございます。常時、ホームページ等でご確認ください。

English here.

神津島村

このブログ記事について

このページは、産業観光課が2020年5月29日 10:51に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「来島自粛要請緩和による【プレジャーボートでの来島について】(6月1日より)」です。

次のブログ記事は「広報こうづ令和2年6月号」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

2020年6月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30