[ 本日の神津島 ] の最近の情報

神津島、春時雨

神津島、春時雨

朝からぐずついていた天気ですが、夕方となると雨がやみ、海も穏やかに。

30707363_1687430871350612_8756917358485831680_n.jpg


空が広がりました。

30729427_1687430868017279_1473750278808272896_n.jpg


島のあちこちに生えている、常緑樹達も花を咲かせています。

30738532_1687430568017309_5725995586654568448_n.jpg

トベラの花。

筆者的にはいい匂いがします。




30739634_1687430694683963_5213142788903796736_n.jpg

名前はわかりません。

こちらは筆者的には苦手な匂いでした。



そして、マツからも何かがひょっこり。

30739445_1687430484683984_570088631448895488_n.jpg


新緑、目立つ時期になってきました。

稔る、きぬさや

稔る、きぬさや

30623819_1681571705269862_474955071482757120_n.jpg

島の畑には、きぬさやの白い花がたくさん咲いています。

採っても採っても、どんどんつるを伸ばし、花を咲かせ、

続々とたくさんの実をつけています。

30656736_1681570951936604_4951422011759919104_n.jpg


以前、きぬさやは神津島の主要な換金農作物でした。


30624771_1681571831936516_198619916494962688_n.jpg


食卓に、きぬさやが並び始めている神津島です。

春のいたずら

春のいたずら

29683732_1674665122627187_7269414886453542912_n.jpg

天気予報では、1日中曇りの予報でしたが、

午前中は意外にもしっかりした雨が降りました。

雨に踊らされた方も少なくはないのではないでしょうか?


気温も少しさがり、春の繊細さを感じる1日となりました。

 

29694457_1674665129293853_8668625818861174784_n.jpg

 

前浜の北端、「ながさわ」。

このあたりは岩が多い所です。

いつもは茶色の岩が、緑色になるのも、春のいたずらでしょうか。

色々な春の訪れ。

色々な春の訪れ。

本日は、はまゆう保育園の入園式が行われました。

島のかわいい子供たちが名前を呼ばれ元気よく返事をし、賑やかな入園式になりました。


満開とお伝えしましたが、場所や種類によっては、葉桜となっている樹木もあります。

KKN_4372.JPG


そして、つつじも咲き始めました。


KKN_4379.JPG

KKN_4375.JPG


さらには、4月2日より高速ジェット船が東京神津島間に就航するダイヤとなり、

久しぶりに、テノールな汽笛が島に響き渡りました。

KKN_4324.JPG


それは、春の訪れ、これから始まる夏季シーズンを知らせます。

KKN_4305.JPG

KKN_4328.JPG
「大漁」

平成30年度、颯爽と走りはじめました。

photo100.jpg

さくらが満開です。

さくらが満開です。

KKN_4221.JPG

強い西風も吹かなくなり、暖かい日が続く神津島です。

季節は冬から春へ。

各所に植えられた桜は満開となりました。
 

KKN_4252.JPG

息吹く明日葉。たらの芽。

そして、それらを採りに人々は野山に出かけ、

食卓にも春は訪れます。

KKN_4250.JPG

別れの季節がひと段落。

今度は、出会いの季節がやってきます。


そんな、年度初めの神津島。

どことなかく、そわそわがやがや賑やかです。

船出の季節

船出の季節

umi-photo.jpg

 

車や白や赤のコンテナ、運び出されるダンボール。

桟橋に着岸している客船。

黄色と黒のしましま。

普段は無機質に感じる事が多い島の玄関口が、

3月下旬ともなると暖かさに包まれる。

 

いつもは無機質な空間に、人があふれ

島を離れる中学生、高校生、学校の先生、都の職員、警察官などの方々と

お互い島人として交わす最後の挨拶、最後の言葉。

 

今さっき、目の前で話しをして、

温もりを感じる事ができた方々は船に乗り込む。

そうなると、

海を隔てて、近くて遠い、触れそうで触れられない。

 

桟橋の淵ギリギリまで近づく見送る方。

甲板の手すりに身を乗り出す見送られる方。

本当に最後。最後の言葉を届けあう。

 

冷たい海の隔たりを、

彩り豊かな紙テープが埋め尽くし、島と船の間に虹が架かり、

本当に最後。最後の温もりを届け合う。

 

 

船が島を離れる時。

 

タラップが外され。

コンテナ作業が終われば、

響き渡る笛の音。

 

それを合図に船と島を繋げるロープは外されて

船と島を繋ぐ物は なびく虹色の紙テープだけ。

 

いつもより長い汽笛が心を震わせ、

虹が島側から消えていき

本当に「別れ」なんだと実感させる。

 

普段は作業音のみが響く桟橋が、

たくさんの人の暖かさで溢れ返り、

いつもは彩り少ない桟橋が、

虹色で染められて。

 

感謝と涙と共に船は島から遠ざかる。

 

島の春。

潮風に乗ってやってくる。

29666517_1667786203315079_953239186_n.jpg

ふるさと文化展が開催されました。

ふるさと文化展が開催されました。

28694109_1638766002883766_1385430259_o (1).jpg

2月24日、25日に生きがい健康センターにてふるさと文化展が開催されました。

2年に1度の開催となるこの展示会には、島の方々の写真や切り絵、製作物などが展示されました。

28640927_1638765912883775_313429985_o.jpg


個性あふれる作品が並びました。

28584619_1638765902883776_390363603_o.jpg

来場者は、お気に入りの作品に投票をおこない、それによって、金賞などが決められました。



ふるさと文化展の展示品ではないですが、
いきがい健康センターの雛飾りも見ものです。

28580358_1638766022883764_366157308_o.jpg


 

よっちゃーれセンター前の花壇に花の苗が植えられました。

27946776_1617616891665344_209495482_o.jpg


2月8日、主婦の方々に手伝ってもらい、
花壇に花が植えられました。


27836292_1617616878332012_438052682_o.jpg

27901870_1617616871665346_620517899_o.jpg

ネモフィラという種類で、5月頃に青い可憐な花を咲かせるようです。

また、チューリップの球根も植えられました。
この時期に植えたので、4月下旬頃に咲くかもしれません。。。

27901376_1617616844998682_279320942_o.jpg


まだまだ寒い2月ですが、春への支度が進んでいます。
無事に育ち、暖かい日差しとともに、花を咲かせて欲しいです。

27906684_1617616848332015_2094763601_o.jpg

皆既月食が観測されました。

皆既月食が観測されました。

image8.jpg

神津島でも皆既月食が観測されました!
 
21時から23時頃までは、ほとんど雲もなく絶好の観測日和でした。



 
 
image111210.jpg
 
煌々と光る月が徐々に影となると、
 
それまで隠れていた恒星たちが
 
「今だ!」
 
と言わんばかりに輝き始めて

image111002.jpg
 
 
夜空の主役は一時交代。
 
シリウス、リゲル、アルデバラン。
 
冬の星座がキラキラと。
 
image1010237.jpg
 
月から影が遠のき始め、
 
主役を奪還したかと思うと、
 
空は雲に覆われ
 
月も星も舞台裏。

KKN_395.JPG
 
 
夜空で繰り広げられた、
 
一夜限りのミュージカルでした。
 
 

天上山の雪化粧

天上山の雪化粧

P1130100.JPG

少し前の1月13日ですが、天上山に雪が積もりました。

寒波の影響もあり、例年よりも積雪が多く感じられ、
実際に、山頂部の看板には約5?10cm程度もありました。
 

P1130173.JPG

標高があがるにつれて徐々に雪が多くなり、
不入が沢では、ご覧の通り、一面が雪!、

P1130197.JPG

表砂漠を見下ろします。
砂漠もまるでスキー場のよう。


P1130196.JPG

荒々しい岩肌に積もった雪は、
神津島とは思えない景色を楽しませてくれました。