短くなる陽

短くなる陽

41991621_242454123134581_840405171455393792_n.jpg

9月も中旬となると日没は18時前となり、本日の日没は17時47分。

夏至の時(6月21日)には日没は18時59分でしたので、
そこから1時間以上早く日没を迎えるようになりました。

12月ともなると、日没は16時30分頃となり、さらにもう1時間、陽が短くなりますね。

日が沈む方角も徐々に南方向へ。

日没が、山に隠れて見えなかった場所でも、見えるように。


また、何か秋らしい澄んだ赤色の陽が増えてきた気がします。

 

このブログ記事について

このページは、産業観光課が2018年9月18日 16:46に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「秋が来る。そう実感させるもの。」です。

次のブログ記事は「神津島から交通情報をお伝えします。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30