2018年6月過去の情報

オレンジ色の道路脇

オレンジ色の道路脇

KKN_7004.JPG

道路脇がオレンジに。

風が吹けば、オレンジは不揃いに揺れる。

それは興奮高まるでライブ会場のサイリュームのよう。

KKN_6973.JPG


わっさわさ。

ゆっらゆら。




KKN_7012.JPG

こっちのオレンジはぎゅーっと。おしくらまんじゅう。


おしくらまんじゅう 押されて泣くな 

あんまり押すと 道にでるぞ

道にでちゃうと 踏まれるぞー 



KKN_7019.JPG

こっちのオレンジは黄昏オレンジ

夕日が沈む西向きに咲き

オレンジ色も数割UP

ゆったりと風に揺れ 

こっくり、こっくり お夕寝中。

KKN_7013.JPG

道端に芽吹いていたとしても、

草刈りの魔の手が迫ろとも、

実は、できる限り刈らないようにしているから

オレンジたくさん。


KKN_6990.JPG


オレンジ色の正体は、スカシユリ。

ハマカンゾウじゃないよ、スカシユリ。

カンムリウミズズメの剥製ができました。

カンムリウミズズメの剥製ができました。

KKN_6785.JPG

神津島近海の無人島(恩馳島、祇苗島など)が繁殖地となっており、全国に5000羽ほどしか生息しておらず、
  
国指定天然記念物になっているカンムリウミスズメの剥製が完成し、郷土資料館にて展示されています。


普段は海の上でしか見られないカンムリウミスズメを、陸上で見ることができる貴重な物だと思いますので、

ぜひこの機会に、神津島村郷土資料館に足を運んでみてはいかがでしょうか?


KKN_6854.JPG

KKN_6811.JPG

ぎゃぁーばぁ!  ぎゃぁーばぁ! (鳴き声)


★★★神津島村郷土資料館データ★★★

開館時間:9時から16時
入館料 :大人300円 小中100円 団体200円(20名名以上) 
定休日 :月曜日(祝日の場合は翌日)、7・8月・年末年始は無休
電話  :04992-8-0974

★★★★★★★★★★★★★★★★★ミ


カンムリウミスズメ観察会の様子はこちら

http://vill.kouzushima.tokyo.jp/today/2016/04/post-381.html

 

※関係各所に確認をとり、確認を得たうえでこの剥製は作成しています。

ぬりぬり

ぬりぬり

DSC06168.JPG

 

役場の机に座っていると

外から賑やかな声が聞こえてきた。


どうやら、高校の生徒が役場に"とある荷物"を取りに来たようだ。

そんな”とある荷物”をみんなで手分けして運んでいった先は、

青い世界が広がるところ。


DSC06170.JPG


海?

空?

宇宙?


解釈次第ではなんとでも捉えられる場所で高校生は手を動かし始め

DSC06160.JPG

青一色の世界に色をつけた。

本当に手を動かし、青一色の世界に色をつける。

DSC06161.JPG

青、黄色、桃色、白、緑と色はどんどん足されて、

抽象的な世界が現実味を帯びて

命までもが生みだされていく

DSC06172.JPG

君は何色に染まるんだい?


DSC06175.JPG

ただの青い一面に、ちょっとした色、ちょっとした線が重なる事で、

新しい世界が生み出されていく。

DSC06179.JPG

ただの道路。

ただの壁。

ただの青。


そんな場所だったところが、

高校生の大きな青いキャンパスとなって


楽しそうな声がアハハと響く。

そして、ぬりぬり、、、ぬりぬり、、、


時に、異世界から飛び込んでくる毛虫に悲鳴をあげながらも

ぬりぬり、、、ぬりぬり、、、。


DSC06171.JPG

ぬりぬり。

貨物船

貨物船

35072_n.jpg

島の物資を運んできてくれる貨物船。

普通に暮らしていると、乗ることもないし、まじまじ見ることもないので、

客船と比べると馴染みが薄い貨物船。


今日も、明日も、明後日も。

褒められることもなく。

注目されることもなく。

せっせ、せっせと、島の生活を支えています。
 

7408_n.jpg

せっせ、せっせ。

梅雨入り

梅雨入り

34560474_1734560673304298_3584641368087068672_n.jpg

本日、6月6日、関東甲信地方が梅雨入りしたと発表されました。

昨年の梅雨明けは7月6日ごろ、平年ですと7月21日ごろの梅雨明けですので、
約1か月間の梅雨の季節となりますね。


神津島も、6日の未明から雨が降り出しましたが、昼過ぎからは小雨となっています。

次の晴れの日が待ち遠しいです。


34531461_1734560666637632_135589493309702144_n.jpg


雨が多いという事は、きっと「虹」を見るチャンスが増えるかも?

梅雨前の晴れ続き

梅雨前の晴れ続き

photo4430.jpg

6月となり梅雨という言葉がよく聞こえてくるようになりました。


最近の神津島は、嵐の前の静けさ。もとい、梅雨の前の快晴が続いています。

日中はもう、夏本番!と思わせるような日差しと気温と海の色となっていますが

夜はやはり少し肌寒いですね。


写真は、よっちゃーれセンター2階の食堂のカウンター席です。

席に座れば、目の間に広がる前浜の白い浜と透き通った海。


窓から見える景色は、

よっちゃーれセンターのおいしい定食をさらにおいしくさせてくれるエッセンス。



よっちゃーれセンター2階の食堂ですが、夏場は混雑が予想されますので、

ゆっくりと過ごすならば、6月のこの時期が穴場だったりまします。


オフシーズンは毎週火曜日が定休日ですのでご注意ください。