本日は、ふたご座流星群の見頃です。

本日は、ふたご座流星群の見頃です。

25360382_1562412243852476_549409998_n.jpg

冬型の気圧配置となり、西ん風が強く吹く神津島です。
風が強く吹くと、空気中のチリなどが飛ばされ、星がよりよく見える日となります。

25346659_1562412230519144_1824312573_o.jpg

それにしても、風は強く、海は真っ白。
時折、波消しブロックから大きな波しぶきが上がります。

25323654_1562412227185811_808175585_n.jpg

神津島港の桟橋も波が被るほど。


そんな、神津島ですが、
本日は今年のふたご座流星群を見るのに良い日です。

多いと1時間に40個程の流れ星を見ることができるそうなので、
風は強いですが、外に出て星を眺めてみてはいかがでしょうか?


流れ星を見るのには、ふたご座にこだわらず、空を広く見ることが良いとされていますので、
ふたご座の位置を知らなくても大丈夫なのですが、場所の説明をすると、

よたね広場から見た場合、高処山に向かって左のピークあたり、今日は22時頃には見えると思われます。

hutagoza1.jpg
(クリック画像を拡大できます。)

神津島の冬!と言ったら「西ん風」かもしれませんが、
いずれ、神津島の冬!と行ったら「冬のスターウォッチング」となると良いですね。

ちなみに、ふたご座は、金色と銀色に見えるということから、金星、銀星とも呼ばれております。