2017年12月過去の情報

仕事納め28日

仕事納め28日

26175301_1576047515822282_985772781_n.jpg

本日12月28日で、平成29年の業務は終了となります。
平成30年は1月4日より業務を開始いたします。

26175501_1576047762488924_119452319_n.jpg

1年間、ありがとうございました。

平成29年は来島者数が前年より約5000人多くなりました。
来年はどのような1年になるのでしょうか。

平成30年もよろしくお願いいたします。
 

ふたご座流星群が良く見えました。

ふたご座流星群が良く見えました。

25397948_1563615400398827_1775900745_o.jpg

平成29年12月14日午前1時

13日の23時頃には雨が降り雲がかかってきましたが、
その後は、雲もなくなり、流れ星探しにはぴったりの天候となりました。

写真は、よたね広場から見えた流れ星です。
比較明合成という、数枚の写真を合成したものなので、
写真のように1瞬で何個も同時に流れ星が見えるわけではないですが、
小さいものも含めれば、多い時に1分間で1個くらいのペースで流れ星を見ることができました。

翌日の14日20時頃も多くの流れ星が流れ、よたね広場の暗闇に集まった人々は、
流れるたびに歓声をあげて、ふだんは静かな夜のよたね広場も賑やかな時間となりました。

output_comp2.jpg


次の流星群は、1月頭のペルセウス流星群。
その時は月が明るく、観察条件は悪いですが、明るい流星なら見えるので探してみてはいかがでしょうか?



夜空を気にする島の生活でした。

保育園で餅つきが行われました。

保育園で餅つきが行われました。

KKN_9617.JPG

12月14日、はまゆう保育園にてお餅つきが行われました。

星組さんは、実際に杵をつかって、お餅をつきました。

みんな、杵を重そうにもちながらも一生懸命に、
お餅がおいしくなるようにとわっしょいわっしょい掛け声を響かせました。

KKN_9611.JPG


ついたお餅は、
きなこ、あんこ、しょうゆのり味にして、みんなで頂きました。
園児はみな、たくさんのお餅のおかわりをして、突きたてのお餅の美味しさを知りました。

KKN_9815.JPG

KKN_9743.JPG



KKN_9735.JPG

やぎの小林さんも元気です。
お餅を食べれず残念そうでしたが、その代わりに明日葉を元気よく食べていました。

本日は、ふたご座流星群の見頃です。

本日は、ふたご座流星群の見頃です。

25360382_1562412243852476_549409998_n.jpg

冬型の気圧配置となり、西ん風が強く吹く神津島です。
風が強く吹くと、空気中のチリなどが飛ばされ、星がよりよく見える日となります。

25346659_1562412230519144_1824312573_o.jpg

それにしても、風は強く、海は真っ白。
時折、波消しブロックから大きな波しぶきが上がります。

25323654_1562412227185811_808175585_n.jpg

神津島港の桟橋も波が被るほど。


そんな、神津島ですが、
本日は今年のふたご座流星群を見るのに良い日です。

多いと1時間に40個程の流れ星を見ることができるそうなので、
風は強いですが、外に出て星を眺めてみてはいかがでしょうか?


流れ星を見るのには、ふたご座にこだわらず、空を広く見ることが良いとされていますので、
ふたご座の位置を知らなくても大丈夫なのですが、場所の説明をすると、

よたね広場から見た場合、高処山に向かって左のピークあたり、今日は22時頃には見えると思われます。

hutagoza1.jpg
(クリック画像を拡大できます。)

神津島の冬!と言ったら「西ん風」かもしれませんが、
いずれ、神津島の冬!と行ったら「冬のスターウォッチング」となると良いですね。

ちなみに、ふたご座は、金色と銀色に見えるということから、金星、銀星とも呼ばれております。