2017年9月過去の情報

前浜に作業船がいました。

前浜に作業船がいました。

KKN_4762.JPG

夏の日差しも落ち着き、だいぶ秋を感じられるようになってきた神津島です。

海の家も9月19日で営業終了となり、
賑やかだった前浜もだいぶ静かになりました。

と思ったら、9月26日、
前浜に見慣れない船が。
KKN_4764.JPG

東海汽船のさるびあ丸でも、
神新汽船のフェリーあぜりあでも、
貨物船でももない謎の船。



記憶をたどってみると、、、



似たような作業が以前も行われていました。
この写真は、2016年10月の様子です。
DSC_658111.JPG
この船は、海底ケーブル敷設船「すばる」



今回の謎の船の正体は、「すばる」から国内の仕事を任された、
2017年3月に竣工したばかりの海底ケーブル敷設船「きずな」でした。

KKN_4769.JPG

昨年、神津島まで繋がった光ケーブルは、
今年、北上し、式根島・新島へと伸びていくようです。

お便りをいただきました。

お便りをいただきました。

フジテレビ系列で放送をされている、番組「ノンストップ!NONSTOP」で9月18日(月・祝)に神津島が特集されました。
内容は、芸能人の
虻川美穂子さん(虻ちゃん)が神津島を訪れ、海や山、グルメを紹介をしていくコーナーでした。

その放送を見た八王子在住方から、お便りをいただきましたので紹介させていただきます。

KKN_3920.JPG

 

「先日のテレビは、島の魅力を余すことなく教えてくれてました。
 約40年前に娘と一緒に神津島を訪れました。先日のテレビを見てその時の白い砂浜、美しい夕日などを思いだしました。
 島のご発展をお祈りしております。」


KKN_391223.JPG

 

お便りありがとうございました。覚えていて下さり、大変うれしい限りです。
今後も、神津島をよろしくお願いいたします。
是非、またおこしください。お待ちしております。

photo1101.JPG

photo1100.jpg

菓子まきが行われました。

菓子まきが行われました。

KKN_3779.JPG

平成29年9月20日

新しく家を建てた時などに行われる「菓子まき」が行われました。

建築儀式的には、「棟上げ式」、「建前」というものですが、
神津島の子供らは、「菓子まき」と呼んでいます。
それが行われるとなると、皆がこぞってその場所へ向かいます。

今回、菓子まきが行われたのは、
離島留学の学生を受け入れるための学生寮「しらすな寮」を建てている場所で、
4月からは高校生が入居予定の建物となります。


KKN_3770.JPG

16時頃、屋根にたてられている幣串(へいぐし)の前で棟上式が執り行われます。

これが、間もなくお菓子が撒かれる合図のようなもので、
下にいる子供たちはそわそわしはじめます。

KKN_3775.JPG

KKN_3776.JPG


基本的には、四つ角からお菓子やお捻りを撒きますが、
その点は安全面などを考えて臨機応変に場所を変え撒きます。


KKN_3787.JPG

菓子まきの一番初めは、大きな角餅から始まり、その後、たくさんのお菓子、お捻りが撒かれ、
それをみなが一所懸命に拾います。

KKN_3802.JPG

撒き始めから、約5分間の勝負となります。





KKN_3820.JPG

お菓子が撒き終わると、
人の波はさーっとひき、いつもの静けさに。


神津島のちょっとしたイベントでした。

やすらぎの里 敬老会が行われました。

やすらぎの里 敬老会が行われました。

P9170042.JPG

9月17日(日)

特別養護老人ホーム、神津島やすらぎの里で敬老会が行われました。

浜川村長や松本村議会議長の挨拶のあとは、
職員の方々が出し物をし、場を盛り上げました。

P9170056.JPG

演目は、
ドラムやキーボードでの演奏、
三線の演奏、
ソーラン節、
ダンス、
エイサー、などが披露されました。

最後は、前田施設長による一本締めで敬老会はお開きとなりました。

楽しいひと時となりました。

ふと見上げる夜空

ふと見上げる夜空

KKN_3560.JPG

集落からふらっと行ける「よたね広場」。

そこでは、星空観察が簡単に楽しめます。

月の満ち欠け、大気の湿度、雲の表情によって、
夜空が見せてくれる星達は常に変化していきます。

雲が多いなと思っていても、
一瞬だけぱぁーっと開けたり、
さっきまで見えた星座が雲に隠れてしまったら、
その日、二度と姿を現さなかったり・・・


夏。
星空を見にたくさんの人が、
ふらっとよたね広場を訪れてくれました。

いつもは暗いよたね広場に、
懐中電灯の光がちらほらと。

星空と人の駆け引きが行われ、
空の思いやりといたずらに一喜一憂。


目をそらした瞬間の流れ星。

飛行機を流れ星と間違えて。

じわじわ空を照らしてくるお月様。

夜空も星も一筋縄にはいきません。



神津島の星空観察は満天の星を見るだけでなく、

夜の風を感じ、

静かな村中散歩して、

流れる雲をただただ見つめたり、

勝手に自分の星座をつくってみたり、

一緒に見に行く人といつもとは違ったシュチュエーションを楽しんだり、

月の満ち欠けを不思議に思ったり。。。

夏なのに、深夜に昇る冬の星達に会いに行ってみたりと、

様々なエッセンスを持っています。


9月も半ば、

そろそろ、天の川さん、さようなら。

夜が来る頃には、水平線へと流れ去り、

その代わりに、
東の空からは冬のダイヤモンドが輝きはじめます。



夜空から季節の移り変わりを感じるなど、

星と寄り添った時間を日常的に過ごす神津島、

そんな夜空を見に行ってみませんか。

伊豆諸島航路夏季(7、8月)の利用者数が発表されました。

20544029_1442508422509526_5796949052447163616_o.jpg

伊豆諸島全体の利用者数は、
214,286人(前年は194,984人、前年比19,302人増(110%))となっており、

各島を見ていきますと、

伊豆大島は5442人増

利島は468人増

新島は3241人増

式根島は3030人増

神津島は3995人増

三宅島は903人増

御蔵島は191人増

八丈島は2032人増


神津島は昨年より約4000人多い数値となりました。
データは7、8月の集計となっていますので、
単純に二ヶ月分の62日で4000人を割ると、1日あたり64.4人の方が増えています。
また、7月の三連休から8月20日(お盆)までの繁忙期37日間に限定すると、
1日あたり107人もの増加となります。

また、滞在期間の長期化の傾向、飛行機・渡船利用の来島、もありますので、
島に滞在している延べ人数は前出の数字より更に増えます。


たしかに、
「去年よりお客さんが多い!」
「前浜に砂浜にテント(ひよけ)がたくさん出ている!」などの声が聞こえていましたが、
これは、それを裏付けるデータとなりますね。


観光客の皆さま、
本年も、ご来島ありがとうございました。
また、来年の夏もお待ちしております。

秋、冬、春の神津島も夏とは違った素敵な景色、表情がたくさんありますので、
これからの時期も遊びに来ていただければと思います。


シルバーウィーク、夏季観光最後の3連休ですが、台風の影響があると予測されますので、
ご旅行を計画をしている方は、台風の情報にご注意ください。
 

一安心。

 9月に入りました。神津島は、台風15号の大きな被害は免れましたが、友島、小笠原村では

被害が出ているようで、心配です。一日も早い、復興をお祈り申し上げます。

15号で土曜日の便まで船便は欠航し、牛乳など店頭から無くなっていましたが、

昨日の船便から通常に戻り、2日ぶりの就航に一安心です。

写真は、今日の前浜です。凪いでいますが、秋を感じさせる涼しい陽気です。

日中には、気温も上がるようですが、お客様も気を付けてお楽しみください。

DSC05466.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 前浜には、海を見て、右側が「長沢」、中心が「もおり」、左側が「つまり」となり、写真は「つまり」です。

近年はこのように波静かで綺麗なことから、地元の家族ずれで賑わいます。

 

 

DSC05470.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 東京港を23時に出て、神津島港に8時55分に入港してくる、大型船「さるびあ丸」です。島民そしてお客様や生活必需品が

この船で運ばれてきます。島で獲れた魚や野菜などは、折り返しのこの船に積み込まれて出荷されます。

DSC05468.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 写真、左側は、この船に積み込まれる鮮魚や野菜などを詰め込んだコンテナです。右側は、この船に乗って来られた方

を迎えに来ている車です。

台風15号接近(その2)

今日は、東京からの大型船、高速船、下田からの定期船も欠航しました。

今晩、東京港を出港の大型船も、すでに欠航が決まっています。

何名かのお客様が見受けられますが、もともと予定していたのか、帰られなくて困っているのか心配です。

ですが、これが島の現状です。台風、雨、風の影響を受けて、交通手段が断たれ、物資も入ってきません。

あと何日、この台風の影響が続くのでしょうか・・・

現在の赤崎遊歩道です。台風のうねりと強風で遊泳禁止となっています。

DSC05458.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 神津島には、「神津島村CATV」があり、共聴施設で各家庭に配信されています。

 その1チャンネルで、4か所のライブ映像が見られます。先日、天気予報で「恩馳島」を見るという説明もしましたが、

現代では、このように自宅で前浜や多幸湾、赤崎、神津島港の様子が見ることができるようになりました。

DSC05465.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 島に来ましたら、ぜひ、各家庭の設定によりますが、だいたい3チャンネルで「神津島村CATV」をご覧ください。

ほぼ、毎日午後7時30分から、島であった行事の模様や「あの日あの時」といって、過去に撮影されたその当時

の行事のVTRも放映されます。