2017年5月過去の情報

四島大会が行われました。

四島大会が行われました。

KKN_5944.JPG

5月27日(土)に神津中学校校庭にて、
四島大会が行われました。

四島大会とは、
・利島
・新島
・式根島
・神津島
の4つの島の中学生がひとつの島に集まり、
陸上競技と部活動の試合を行うスポーツ大会です。

会場は、神津島と新島が隔年ごとに担当し、
来年は新島での開催が予定されています。

KKN_5953.JPG


利島、新島、式根島からの参加者は、
当日の朝の定期船に乗船し、
10時頃神津島に到着。

11時頃から開会式、各校の学校紹介・校歌の斉唱が行われ、四島大会が始まりました。

開会式に引き続いて行われた、
陸上競技では、
・100m走
・80mハードル
・800m(女子)
・1500m(男子)
・400mリレー
・走り幅跳び
・走り高跳び
・砲丸投げ が行われました。

KKN_6165.JPG



昼食を挟んでからの、部活の交流試合では、
普段対戦することのない相手との試合が白熱しました。


KKN_6436.JPG

KKN_6437.JPG




普段ですと、各島へと帰る船便はすでにない時間ですが、
本日に限り、新島村のにしきという船がチャーター便として、神津島から新島・式根島へと運航します。

参加者は普段、にしきが走らない神津島近海を眺めながら帰路につきました。

KKN_6513.JPG

実がなります。

実が生ります。

KKN_5916.JPG


連日の快晴から天気は下り坂。
雲が多くなってきました。

ですが、今日も気温が25℃くらいまであがり、
暑い日が続いている神津島です。

木々の緑色が濃くなってきました。
葉っぱ達はたくさんの光を浴びて、実をつけています。

桑の実 
KKN_5926.JPG

たくさん実をつけて、すでに熟しています。
道端にたくさん落ちていますね。

KKN_5933.JPG



オオシマザクラの実
さくらんぼと言っていいのでしょうか?
KKN_5940.JPG

ピンク色はまだ熟していない状態で、熟すと黒くなります。
この実の果汁はとても紫色が濃く、1粒でも食べると、
口の中が紫に染まってしまいます。
KKN_5936.JPG



キイチゴ
KKN_5924.JPG

実が、すぽっと取れるのが面白いです。
KKN_5922.JPG


日常の中の季節の移り変わりを感じる景色でした。

第48回 ジュリア祭が行われました。

第48回ジュリア祭が行われました。

KKN_4781.JPG

5月20日〜21日で第48回ジュリア祭が行われました。

島外からの参加者は、
観光やジュリアの墓があるとされている流人墓地を参拝しました。

KKN_4626.JPG


その後、ジュリア顕彰碑前広場でミサを行い、
KKN_4681.JPG

場所を変えて、
芸能交流会が行われました。

KKN_4908.JPG

KKN_4883.JPG

KKN_5007.JPG

KKN_5052.JPG


夜には、まっちゃーれセンターで歓迎夕食会。
KKN_5400.JPG

1日限定で、ありま展望台の十字架がライトアップもされました。
KKN_5419.JPG


翌日は、餅つきとお別れ会、

KKN_5552.JPG

KKN_5585.JPG

KKN_5644.JPG



そして、島外からの参加者は見送られて、
ジュリア祭は終了しました。

KKN_5789.JPG


ジュリアとは?

ジュリアとは「おたあジュリア」の事で、
1612年禁教令が原因で、伊豆諸島へ流された方です。

おたあジュリアを偲ぶ祭りも、再来年に50回を迎えます。

天草漁が行われています。

天草漁が行われています。

KKN_4120.JPG


5月18日

良い天気の神津島です。

この時期の風物詩と言ってもいい、
赤や白の天草絨毯が浜辺に広がっています。

KKN_4136.JPG


天草とは、ところてんや寒天の原材料となる海藻で、
その栄養素から整腸作用や糖尿病の予防になると言われています。


海から獲って来たばかりの天草は赤色をしているのですが、
KKN_4149.JPG

水で洗って、干してを繰り返していくと色が抜けていきます、
KKN_4145.JPG



神津島では、この天草から、
ところてん等を作り販売もしております。



KKN_4202.JPG


陽気のいい一日でした。

KKN_4079.JPG

カンムリウミスズメの観測会が行われました。

カンムリウミスズメの観測会が行われました。

kanmuri2017-3.JPG

神津島盛り上げ隊の主催により、カンムリウミスズメの観測会が行われました。
2016年に引き続き、2回目の観測会です。


5月14日

当日は朝8時より多幸湾を出港し、
三宅島方面へ20分程、祇苗島沖にてカンムリウミスズメを探しました。

うねりや風があり、なかなか見つけることができませんでしたが、
なんとか3羽のカンムリウミスズメを見つけることができました。

kanmuri2017.JPG


海に潜ったり、
あまり上手ではないですが海面ぎりぎりを飛んだりしていました。

また、3羽のうち2羽だけが飛んでいいってしまい、
1羽だけ取り残される状況になったときは、
残された1羽が「ぴぃー、ぴぃー」と鳴いて、鳴き声を聞くことができました。


神津島では、
カンムリウミスズメの事を「ギャァバ」と表現するのこともあるようです。
定かではありませんが、「ギャァバ」とは鳴き声から来ているのでしょうか?
漁師の方はよくこの表現を使うそうです。


延べ7羽、個体数でいうと推定3羽のカンムリウミスズメが観測でき参加者は、
神津島の近海にいる天然記念物を見ることができました。

kanmuri2017-2.JPG



神津島盛り上げ隊
http://www.kouzumoriage.tokyo
 

日本野鳥の会 カンムリウミスズメ紹介ページ
https://www.wbsj.org/nature/kisyou/sw/about.html

日本野鳥の会より引用

” 推定個体数は約5千羽、多くても約1万羽とされ、ウミスズメの仲間では今絶滅が最も心配されている種類です。国指定天然記念物、IUCN(絶滅危惧?類)、及び環境省レッドリスト(絶滅危惧?類)になっています。減少要因としては、近年の釣りブームや海洋レジャーの拡大により、繁殖地に人が立ち入るようになり、卵や雛が無造作に踏まれたり、撹乱によって親鳥が巣を放棄することが挙げられます。また、釣人が放置するゴミやまき餌に、カンムリウミスズメの捕食者であるカラス類が誘引されることがあります。繁殖地にドブネズミが入り込んだ福岡県小屋島のように群全体が壊滅的なダメージを受けた島もあります。この他、刺し網による混獲や油汚染による死亡例が報告されています。"

引用終わり
 

 

うみぽすグランプリ2017の募集が始りました。

2015年、2016年と神津島のポスターが入賞している、
「うみぽすグランプリ」2017年度の募集が始まっています。

神津島の海で作品を作り、応募してみてはいかがですか?

DSC_7644498.JPG

hinode1181.jpg
 

うみぽすグランプリ2017公式サイト
http://umipos.com/

2016年のうみぽすワークショップの様子(観光協会ブログより)
http://kouzukankou.blog.fc2.com/blog-entry-1.html

2016年の入賞作品
http://vill.kouzushima.tokyo.jp/today/2016/11/post-407.html

2015年の入賞作品
http://vill.kouzushima.tokyo.jp/today/2016/04/post-380.html

パッションフルーツの時期が近づいてきました。

DSC_2436.JPG

神津島で生産されているパッションフルーツですが、
今年も収穫の時期が近づいてきました。

パッションフルーツの実も徐々に増え始めています。

DSC_2438.JPG

パッションフルーツは、そのまま食べるのはもちろんのこと、
凍らせてシャーベット風や果汁を絞ってジュースにしたり、
加工してジャムにしたりと様々な楽しみ方があります。

今年も、神津島のパッションフルーツをよろしくお願いします。

 

このアーカイブについて

このページには、2017年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2017年4月です。

次のアーカイブは2017年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2017年6月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30