レザーファンの改植

DSC_0074.JPG

 

レザーファンはシダの仲間で切り花の添え葉として花束に使われています。

神津島では本土に出荷されるために生産されており、主要な農産物のひとつです。

改植作業は5年に一度の頻度だそうです。これから青々としたレザーファンが育っていきます。

このブログ記事について

このページは、産業観光課が2017年4月20日 08:28に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「波力発電の実証試験が始まります」です。

次のブログ記事は「神津沢に鯉のぼりが泳ぎ始めました。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31