名組湾のトロッコ跡

DSC_0171.JPG

 

昭和30年代まで使われていたコンクリート製のトロッコ橋です。

採石した抗火石をトロッコに載せ、運搬船まで運んでいました。

 

先日、埼玉県にある大学の先生と生徒さんが風化、劣化されたコンクリートについての調査で

来島されていました。

 

DSC_0176.JPG

 

いつもの風景として見ていたトロッコ橋ですが、昭和を伝える遺産でもありますね。

このブログ記事について

このページは、産業観光課が2016年11月15日 09:16に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「飛びたくなったら神津島」です。

次のブログ記事は「パッションフルーツは来年に向けて」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2016年11月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30