第5回神津島アクアスロン大会が開催されました。

第5回神津島アクアスロン大会が開催されました。

aqa1.jpg

台風10号の影響で開催が危ぶまれましたが、無事に第5回神津島アクアスロンが開催されました。

当日は、晴れていたかと思うと、曇ったり、コースの一部では土砂降りになるなど、不安定な天気でしたが、
大会の進行には問題なく、参加選手のほとんどがゴールテープを切ることができました。


そもそも、アクアスロンとは、スイム(水泳)とラン(長距離走)を連続して行う競技です。
トライアスロン(スイム+ラン+バイクを連続して行う競技)から、バイク(自転車)を除いた競技と言えます。

aqa2.jpg
砂浜からスタートし、海へと向かう選手達

aqa3.jpg
水泳の周回コースに入ります。

aqa4.jpg



神津島アクアスロンでは、2つのタイプがあり、

Aタイプ スイム1500mとラン10km (募集120人)
Bタイプ スイム750mとラン5km(募集80人)

それぞれ、実力にあった競技を行うことができます。


また、コースですが、スイムは1周750m、ランは1周5kmのコースが設定されており、
Aタイプはそれぞれを2周、Bタイプはそれぞれを1周となっています。

スイムは前浜海岸の湾の中を斜めに泳ぎます。
aqa5.jpg


ランは信号から沢尻方面へ海岸線を走り、沢尻湾から特養ホームの上り坂を進み峠を越え、長浜方面へ下り、
下り坂の途中のT字路をめいし海岸方面へと左折し、温泉保養センター前を通り、トンネルを越え、
特養ホーム前に戻ってきてからは、来た道を戻るコースになります。

途中にある、3ヵ所のアップダウンは選手を苦しめ、
特に、特養ホームから峠を越える坂道は勾配20%程あると言われており、
ランナーにとって、まるで壁のような存在でした。

aqa7.jpg

ここで歩いてしまった方も多かったのではないでしょうか?

aqa9.jpg

この上り坂は、アスリート魂に火をつけてくれること間違いなし!



結果ですが、
Aタイプで優勝の方が、1時間02分25秒。(スイム24分11秒、ラン38分14秒)

Aタイプでスイムが一番速かった方が、20分42秒
Aタイプでランが一番速かった方が38分14秒


Bタイプで優勝の方が38分17秒(スイム13分27秒、ラン24分50秒)

Bタイプでスイムが一番速かった方が13分27秒
Bタイプでランが一番早かった方が20分45秒 となっております。


10代から60代までの幅広い年齢層の方に参加して頂き、
Aタイプには102人、Bタイプには64人の参加で、計166人のアスリートが神津島の自然を感じてくれました。

aqa10.jpg

aqa11.jpg

参加してくださった皆様、応援してくださった皆様、準備をしてくださったみなさま、ありがとうございました。

 

このブログ記事について

このページは、産業観光課が2016年8月30日 13:38に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「神津島のお土産・パッションフルーツ」です。

次のブログ記事は「2016年度ライフガードの監視業務が終了しました。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30