神津島のお土産・パッションフルーツ

神津島の島土産 パッションフルーツ

keDSC_2750.jpg

神津島の特産品・お土産として人気上昇中のパッションフルーツをご紹介いたします。

パッションフルーツは、アメリカ大陸が原産地で、
日本には明治時代に渡来したと言われています。

永く沖縄県や鹿児島県で栽培されて来ましたが、
近年、伊豆諸島や小笠原諸島での栽培が始められ、
神津島でも収穫できるようになりました。

島の中では、お酒やヨーグルト、アイス、ソーダと一緒召し上がったり、ジャムに加工したり、
観光客のお土産として存在感を高めています。

【神津島のパッションフルーツの旬な時期】

 7月中旬から8月中旬


【入手方法】

 ・神津島農業協同組合の直売所
 ・観光協会窓口
 ・よっちゃーれセンター
 ・農家直売所

【食べ方】

 ・生のまま、半分に切ってスプーンですくって食べます。
 ・たくさんの果粒と種があり、種を噛み、種ごと食べるとより栄養素を摂取できます。
 ・通な食べ方は、種を噛まずにのどごしを楽しみます。

 ・その他、凍らせたり、各種食材にトッピングとして食用します。

 

パッションフルーツの食べごろ

・パッションフルーツらしい酸味を感じるなら!

 入手してすぐ、表面がつるつるの時に召し上がれ。
 パッションフルーツらしい果汁の酸味と香りを楽しめます。

keDSC_2774.jpg

 

・パッションフルーツの酸味を弱め、甘みを強くしたいなら!

 入手してから、常温で7日間程おき、表面にシワが出てきてから召し上がれ!
 追熟させることによって、酸味が弱まり、甘みを強く感じ、おいしくいただけます。

keDSC_2770.jpg

このブログ記事について

このページは、産業観光課が2016年8月29日 17:12に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「島ソニ!2016が行われました。」です。

次のブログ記事は「第5回神津島アクアスロン大会が開催されました。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2016年8月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31