2016年8月過去の情報

第5回神津島アクアスロン大会が開催されました。

aqa1.jpg

台風10号の影響で開催が危ぶまれましたが、無事に第5回神津島アクアスロンが開催されました。

当日は、晴れていたかと思うと、曇ったり、コースの一部では土砂降りになるなど、不安定な天気でしたが、
大会の進行には問題なく、参加選手のほとんどがゴールテープを切ることができました。


そもそも、アクアスロンとは、スイム(水泳)とラン(長距離走)を連続して行う競技です。
トライアスロン(スイム+ラン+バイクを連続して行う競技)から、バイク(自転車)を除いた競技と言えます。

aqa2.jpg
砂浜からスタートし、海へと向かう選手達

aqa3.jpg
水泳の周回コースに入ります。

aqa4.jpg



神津島アクアスロンでは、2つのタイプがあり、

Aタイプ スイム1500mとラン10km (募集120人)
Bタイプ スイム750mとラン5km(募集80人)

それぞれ、実力にあった競技を行うことができます。


また、コースですが、スイムは1周750m、ランは1周5kmのコースが設定されており、
Aタイプはそれぞれを2周、Bタイプはそれぞれを1周となっています。

スイムは前浜海岸の湾の中を斜めに泳ぎます。
aqa5.jpg


ランは信号から沢尻方面へ海岸線を走り、沢尻湾から特養ホームの上り坂を進み峠を越え、長浜方面へ下り、
下り坂の途中のT字路をめいし海岸方面へと左折し、温泉保養センター前を通り、トンネルを越え、
特養ホーム前に戻ってきてからは、来た道を戻るコースになります。

途中にある、3ヵ所のアップダウンは選手を苦しめ、
特に、特養ホームから峠を越える坂道は勾配20%程あると言われており、
ランナーにとって、まるで壁のような存在でした。

aqa7.jpg

ここで歩いてしまった方も多かったのではないでしょうか?

aqa9.jpg

この上り坂は、アスリート魂に火をつけてくれること間違いなし!



結果ですが、
Aタイプで優勝の方が、1時間02分25秒。(スイム24分11秒、ラン38分14秒)

Aタイプでスイムが一番速かった方が、20分42秒
Aタイプでランが一番速かった方が38分14秒


Bタイプで優勝の方が38分17秒(スイム13分27秒、ラン24分50秒)

Bタイプでスイムが一番速かった方が13分27秒
Bタイプでランが一番早かった方が20分45秒 となっております。


10代から60代までの幅広い年齢層の方に参加して頂き、
Aタイプには102人、Bタイプには64人の参加で、計166人のアスリートが神津島の自然を感じてくれました。

aqa10.jpg

aqa11.jpg

参加してくださった皆様、応援してくださった皆様、準備をしてくださったみなさま、ありがとうございました。

 

神津島のお土産・パッションフルーツ

神津島の島土産 パッションフルーツ

keDSC_2750.jpg

神津島の特産品・お土産として人気上昇中のパッションフルーツをご紹介いたします。

パッションフルーツは、アメリカ大陸が原産地で、
日本には明治時代に渡来したと言われています。

永く沖縄県や鹿児島県で栽培されて来ましたが、
近年、伊豆諸島や小笠原諸島での栽培が始められ、
神津島でも収穫できるようになりました。

島の中では、お酒やヨーグルト、アイス、ソーダと一緒召し上がったり、ジャムに加工したり、
観光客のお土産として存在感を高めています。

【神津島のパッションフルーツの旬な時期】

 7月中旬から8月中旬


【入手方法】

 ・神津島農業協同組合の直売所
 ・観光協会窓口
 ・よっちゃーれセンター
 ・農家直売所

【食べ方】

 ・生のまま、半分に切ってスプーンですくって食べます。
 ・たくさんの果粒と種があり、種を噛み、種ごと食べるとより栄養素を摂取できます。
 ・通な食べ方は、種を噛まずにのどごしを楽しみます。

 ・その他、凍らせたり、各種食材にトッピングとして食用します。

 

パッションフルーツの食べごろ

・パッションフルーツらしい酸味を感じるなら!

 入手してすぐ、表面がつるつるの時に召し上がれ。
 パッションフルーツらしい果汁の酸味と香りを楽しめます。

keDSC_2774.jpg

 

・パッションフルーツの酸味を弱め、甘みを強くしたいなら!

 入手してから、常温で7日間程おき、表面にシワが出てきてから召し上がれ!
 追熟させることによって、酸味が弱まり、甘みを強く感じ、おいしくいただけます。

keDSC_2770.jpg

島ソニ!2016が行われました。

2016年8月14日 島ソニ!2016が行われました。

keDSC_2543.jpg

前日13日の盆踊りに続き、まっっちゃーれセンター前広場では、
神津島村商工会主催の「島ソニ!2016」 Cats & SeasideVillage が行われ盛り上がりました。

keDSC_2546.jpg

特設ステージでは神津島出身の方も出演し歌声を披露してくれ、

ドラム、サックス、トランペット、ギター、キーボードによる生演奏には、みなが聞き入っていました。

keDSC_2551.jpg

keDSC_2552.jpg


この日も夜店が出店し、
やきそば、フランクフルト、ポテト、かき氷などを楽しめ、夏祭りの雰囲気を楽しめました。

神津島に賑やかな週末でした。

盆踊りが行われました。

2016年8月13日(土)盆踊りが行われました。

keDSC_2438.jpg

観光シーズン真っ只中の神津島。
観光客や帰省してきた方々で賑わっています。

まっちゃーれセンター前の広場では、やぐらが組まれ、提灯が連なり、夏の景色を見せてくれ、
屋台も並び、焼きそばや、フランクフルト、焼きトウモロコシ、かき氷など、お祭り気分を高めさせてくれました。

keDSC_2465.jpg

keDSC_2453.jpg


盆踊りの始まる前には、
有志団体による、とある大学の伝統舞踊?もお披露目されました。

keDSC_2479.jpg

鍛えられた体と一糸乱れぬ動きに圧倒されつつも、
盆踊りの始まりに勢いをつけてくれました。

いよいよ盆踊りの始まりです。

・神津セレナーデ
・神津ソング
・炭坑節
・東京音頭 が踊られました。

keDSC_2489.jpg

櫓の真ん中では、太鼓威勢よく鳴らされ、盆踊りを盛り立てました。

keDSC_2486.jpg

どん! どん! どん! カカッカッカ! ど どーん どん!


お盆に人が多く集まり、賑やかであることは、地域に活力がある証拠でもありますね。


どん!

神津島 渚の花火大会が行われました。

平成28年8月2日 神津島 渚の花火大会が行われました。

DSC_1595.jpg

不安定な天候が続いていましたが、無事に晴れ、花火大会が開催され、
19時30分より約800発の花火が打ち上げられ、神津島の夜を彩りました。


DSC_1596.jpg

DSC_1612.jpg


桟橋からの打ち上げ花火だけでなく、目の前の前浜海岸から仕掛け花火もあげられ、
お客さんを楽しませてくれました。


DSC_1616.jpg

至近距離での花火は大迫力です!


DSC_1624.jpg


大きな花火は、視界いっぱいに広がって、見物客からは歓声と拍手があがりました。


約30分、約800発の花火大会ですが、
大迫力、大満足、濃い花火大会です。

御神輿、山車が村を練り歩きました。

平成28年8月1、2日 御神輿、山車が村を練り歩きました。

DSC_0918.jpg

物忌奈命神社例大祭が行われ、それに伴い御神輿と山車が村中を練り歩きました。

2日間に及ぶ行程で、
初日は、物忌奈命神社を出発し、船揚げ場で御神輿を清め、市場からのぼる道を通り、松工橋を渡り、小学校まで、
2日目は小学校を出発し、村中を進み、役場、信号を通り船揚げ場でお清め、その後、神社に戻りました。

DSC_1171.jpg

天上山を望む御神輿。


わっしょ、わっしょいの掛け声で進む御神輿ですが、
所々で「ヤンナァー!」や、「それー!」の掛け声とともに、
御神輿を上下に揺らす「揉み」、
御神輿を上に持ち上げる「させ」、
持ち上げたまま回転する「まわせ」がはじまり、
押し合い、引き合いが始まり、とても激しい練り歩きになっています。

DSC_1199.jpg


さらに特徴的なのが、水のかけ方。
消火栓、消火ホースから噴出される大量の水が神輿、担ぎ手、山車にかけられます。

もちろん、見物客などかかってしまうこともあります。

DSC_1374.JPG


見どころの一つが、船揚げ場でのお清め場面。

神輿を担いだまま、勢いよく海に入り、海水をバシャバシャと御神輿にかけます。
このシーンはとても迫力的です。

DSC_0986.jpg

DSC_1495.jpg

DSC_1514.jpg


物忌奈命神社例大祭の御神輿でした。
毎年8月1日、2日に行われます。

お祭りが行われています。

平成28年7月31日 お祭りが行われています。

DSC_0840.jpg

物忌奈命神社例大祭前夜祭、神津島マリン太鼓フェスティバルが行われました。

神社の境内には、大人神輿、3体の子供神輿、1体の高校生神輿が並らび、
DSC_0867.jpg


夜店も出店し、
焼きそば、かき氷、フランクフルト、たこ焼き、ジュース、お菓子のつかみ取り、おもちゃの販売がされました。

DSC_0861.jpg

DSC_0856.jpg


神津島マリン太鼓フェスティバルには、

長野県栄村から栄ふるさと太鼓、
西東京市からは保谷和太鼓会も参加して頂き、

神津太鼓も含め3団体の太鼓の演奏がされ、境内に太鼓の音が鳴り響き、祭り独特の高揚感を感じさせてくれました。

DSC_0844.jpg



前夜祭の翌日の8月1、2日は物忌奈命神社の例大祭です。
当日は神輿や山車が村中を練り歩きます。

その様子は、また後日紹介いたします。
DSC_1076.jpg

このアーカイブについて

このページには、2016年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2016年7月です。

次のアーカイブは2016年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30