天上山が夕陽で染まりました。

平成28年5月20日 天上山が夕陽で染まりました。 


ついこの前、桜が咲き春が来たと感じていたかと思えば、

日が伸びて、気温も上がり、季節が夏へ向かっている事を感じさせられます。


寒くないので、外に出て、夕陽を眺めるのにもちょうど良いですね。


「日が沈む」と言っても、毎回同じように沈んでいくのではなく、色々な沈み方があります。

水平線にきれいに消えていったり、

雲の中に消えていってしまったり、

雲と太陽で幻想的になったり、

グリーンフラッシュが見えてたりと・・・



そして、ぜひ見て頂きたいのが、
海向きの夕陽だけではなく、山側の夕陽に染まった神津島のシンボル、天上山です!

真っ赤に染まって、いつもとは違う雰囲気となっています。

dsDSC_4346.jpg

隣の高処山もまたいつもとは違がった雰囲気に・・・

dsDSC_4350.jpg


いつもみれる山だけど、いつもは見れない時間限定の景色を探して見てはいかがですか?

このブログ記事について

このページは、産業観光課が2016年5月20日 16:49に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「神津島にイルカが現れました。」です。

次のブログ記事は「第47回ジュリア祭が行われました。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2016年5月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31