「小野上温泉まつり」に参加しました。

群馬県・小野上温泉にて開催された「小野上温泉まつり」に参加しました。

dsDSC_2903.jpg

神津島村と交流のある渋川市小野上地区で開催された、「小野上温泉まつり」に、
神津島村長、産業観光課長、職員2名の計4名で参加し、式典への参加、物産の販売などを行い交流を深めました。

dsDSC_2991.jpg


会場は、JR吾妻線「小野上温泉」駅のすぐ目の前、小野上温泉「さちのゆ」前の広場にて行われました。

式典は会場そばの、湯前薬師での「湯くみの義」から始まり、温泉まつり実行委員長による温泉への感謝が述べられ、
厳かな雰囲気で始まりました。

ステージに移動してから開会宣言が行われ、小野上温泉まつりの幕が上げられました。

dsDSC_2979.jpg

阿久津渋川市長から挨拶の一節で神津島についてのお話を頂きました。

会場では、フリーマーケット、焼きそばなどの出店、山車巡行、のど自慢などが行われ、大盛況となり、
神津島から持っていった物産も大変好評で、ほぼ完売となりました。ご来場して頂いた皆様、ありがとうございました。



神津島村の渋川市(旧小野上村)との交流は、平成10年11月より温泉繋がりで始まり、
現在にいたるまで、子供たちの交流、物産の販売などがされています。

海がない群馬県・小野上村から神津島へ。
雪がない神津島村から小野上村へ。

それぞれの地域の特性を上手に生かしていますね。


小野上村は平成18年に他市村と合併を行い、渋川市となりましたが、
それでも継続して交流が続けられています。



小野上温泉の泉質はナトリウム―塩化物温泉(アルカリ性低張性高温泉)で、入浴すると、
お肌がすべすべになることから「美人の湯」と言われています。

神津島村にも温泉がありますが、神津島村の温泉は、ナトリウム塩化物強塩泉と、小野上温泉とは泉質が違うので、
ひとえに温泉といえど、様々な種類があるので、泉質に目をむけて比べてみるのもおもしろいですね。


群馬県の渋川市。
小野上温泉の他、伊香保温泉などありますので、
そちらの方に行く事があれば、「神津島村と交流しているのか」など、思いながら訪ねていただけたら幸いです。

このブログ記事について

このページは、産業観光課が2016年5月 9日 10:37に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「都道224号長浜多幸線に新しい道路が開通しました。」です。

次のブログ記事は「定置網漁が始まりました。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2016年5月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31