神津島のポスターが「海のポスターグランプリ」で入賞しました。

神津島のポスターが「海のポスターグランプリ」に入賞しました。

umiposu.jpg
(画像のクリックで拡大表示できます。)


神津島のポスターが、「うみぽすGP」(海のポスターグランプリ)にて入賞しました!
応募総数1025作品の中から入賞100作品に選ばれた事になります!

審査員のコメントには「神津島のすばらしく透明な海。ここで泳いでみたい。」とあります。
神津島、神津島関係者のみなさん!赤崎遊歩道の海を、自分の故郷の自慢のひとつにしてみてはいかがでしょう?


そもそも、海のポスターグランプリとは、
日本財団主催による「海でつながるプロジェクト」の一環で行われた一般社団法人海洋連盟主催のポスターコンク―ルです。

「海でつながるプロジェクト」は、平成8年に制定された「海の日」が2015年で20周年になることを記念し始まりました。
そのポスターコンクールの「うみぽすGP」は、「海離れ」。。。多くの方が海が身近でなくなっているのが見受けられるため、
海への関心や興味を呼び起こす、「海おこし」のきっかけとしてで開催されました。


日本全国からの応募で、沖縄の石垣島や宮古島などが入賞しているなか、
そこに肩を並べて「神津島」が入賞しております!
ありがとうございました!



さてさて、神津島は身近に海があります。

当たり前にあります。
dsDSC_1896.jpg

当たり前に海に沈む夕陽を見ています。
dsIMG_0083.jpg

赤崎遊歩道も、見慣れて、行きなれています。
dssp147.jpg
(写真提供 神津島観光協会・ダイビング協会)

外からはたくさん見た海。
でも、海の中を見ることは少なくなっています。

海の中もきれいだからもっと見て欲しい。
dsp141.jpg
(写真提供 神津島観光協会・ダイビング協会)


海離れ。神津島でも起きているのかな?と感じる時があります。

「うみぽすGP」入賞を機に
神津島の海の楽しさ、綺麗さ、奥深さを見つめなおしてみてはいかがですか?



ちなみに、「うみぽすGP2016」も開催されますので、
是非、応募してみてください。
umiposu2.jpg
(画像クリックで拡大できます。)

詳細はうみぽす2016公式ホームページ「http://umipos.com/」をご覧ください。

 

このブログ記事について

このページは、産業観光課が2016年4月20日 14:47に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「高圧発電車のお披露目会が行われました。」です。

次のブログ記事は「カンムリウミスズメの観測会が行われました。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2016年5月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31