都道224号長浜多幸線に新しい道路が開通しました。

平成28年4月26日 都道224号長浜多幸線に新しい道路が開通しました。


まず、4月14日より続く熊本・大分県を震源とする群発地震に被災した方々へのお見舞いを申し上げるとともに、
皆様の安全と被災地の一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。
また、式典の冒頭には1分間の黙祷を行い、地震で亡くなられた方への哀悼の意を表しました。
 


dsDSC_2811.jpg

東京都が整備を進めていた、都道224号長浜多幸線の新規敷設道路が完成し、4月24日15時より道路解放されました。

それに先立て、新しく神津沢に架けられた橋「天上橋」のたもとで開通記念式典が行われました。

dsDSC_2661.jpg

式典では、主催者代表挨拶、事業者代表挨拶、工事経過報告、来賓祝辞、来賓紹介、橋名命名者表彰、テープカット、
渡り初め、橋名板除幕が行われました。

dsDSC_2730.jpg
テープカット

dsDSC_2762.jpg
「天上橋」 渡り初め

dsDSC_2778.jpg
橋名板除幕

工事中は「新神津沢橋」と呼ばれてきた橋が、これをもって「天上橋」となりました。


dsDSC_2792.jpg
新設道路を歩く参加者

新設道路500mを歩き、式典は終了しました。
その後は、会場を変えて昼食会が行われました。


式典には地元の「夫婦三代」の方々も招待し参加して頂きました。
夫婦三代とは、文字の通り、おじいちゃん・ばあちゃん夫婦、お父さん・お母さん夫婦、息子・娘夫婦の6名がいらっしゃることで、
『一家に三代の夫婦が顕在することは大変珍しく、おめでたい』ことから、渡り初めに参加して頂き、
「三代夫婦のように橋も永続して欲しい」という願いを込めています。


また、橋名版に書かれている「天上橋」「てんじょうばし」の文字を書いていただいた揮毫者(きごうしゃ)ですが、
長浜側が浜川村長、
dsDSC_2799.jpg

多幸湾側が元教育長の土谷文治さんとなっています。
dsDSC_2768.jpg



道路の新規開通は東京都からも発表されていますので、そちらもご覧ください。
PDF形式での案内図・写真も掲載されています。
東京都・報道発表資料(http://www.metro.tokyo.jp/INET/OSHIRASE/2016/04/20q4l500.htm)


多幸湾と長浜を結ぶ新しい道。
今まで、村落から鉄砲場地区を通って多幸湾に向かう道路は狭く、
生活道路でもあり通過する車と住民の事故の危険性も高くなっていました。
それに加え、車の擦れ違いも大変な箇所が多かったのですが、
この道路が住宅地をバイパスし利便性、安全性を高めてくれます。

今後とも天上橋、都道224号線をよろしくおねがいします。

このブログ記事について

このページは、産業観光課が2016年4月26日 10:13に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「カンムリウミスズメの観測会が行われました。」です。

次のブログ記事は「「小野上温泉まつり」に参加しました。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2016年5月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31