「東京味わいフェスタ2016in臨海副都心」に出展してきました。

「東京味わいフェスタ2016in臨海副都心」に出展してきました。

dsDSC_9013.jpg

東京ビックサイト付近、イーストプロムナードで開催された「東京味わいフェスタin臨海副都心」に神津島ブースを出展しました。
2月26、27、28日の3日間、各日とも11:00から18:30での営業でした。

東京味わいフェスタとは、2020年の東京オリンピックを見据えて、東京マラソンに合わせて開催された食の祭りで、
東京のグルメとおもてなし、さらには東京のグローバル化推進のため世界各国のグルメも提供されました。

伊豆諸島からは、新島、神津島、三宅島が出展していました。

神津島ブースでは、神津島の赤いかの塩辛、干物、うつぼのから揚げ、切干餅、ところてん、島スープの販売、パンフレット配布を行い、神津島の食と魅力をお届けできたかと思います。

マラソン関係の方が多かったのか、「切干餅」に興味をもたれる方が多く、
「マラソンの前に食べるとエネルギーが出そう!」と言いながら切干餅をお買い上げして頂きました。

dsDSC_9034.jpg

dsDSC_9023.jpg

dsDSC_9026.jpg

会場にはためく、「神津島」ののぼり。


dsDSC_9040.jpg


物産の販売以外にも、パンフレットを配布すると、

「行ったことあるよー」
「あっ、行きたいー」
「気になっているんだー」など言って頂きました。

会場にいるほとんどの方にとって、神津島ブースがあると思っていなかったと思うのですが、
島を知らない方に「神津島」という名を知ってもらったり、
神津島に行ったことのある方の「神津島の思い出」を振り返るきっかけとなったりして、
春休み、ゴールデンウィーク、夏季の旅先の候補のひとつでもして頂ければと思いました。

中には、「神津島ブースがあるから来ました!」と言って来てくれた方もいらっしゃいました。
ありがとうございます。


寒さとマラソン大会がメインだったため、物産の販売は苦戦しましたが、
物産の販売以外での宣伝、交流ができた物産展になりました。


ちらほら、他の物産展やイベントで神津島は本土に行きますので、その際は会場に是非遊びに来てください。

このブログ記事について

このページは、産業観光課が2016年3月 1日 10:24に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「金目鯛。ぞくぞくと水揚げ中!」です。

次のブログ記事は「二十五日様・・・。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2016年5月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31