金目鯛。ぞくぞくと水揚げ中!

平成28年2月24日 金目鯛。ぞくぞくと水揚げ中!

dsDSC_8361.jpg

現在、神津島では金目鯛の水揚げが盛んです。

冬は西風が強く吹き、海が時化て、漁に出られない日も多くありますが、
凪た日には漁にでて金目鯛などが水揚げされています。

水揚げされた金目鯛は、市場に運ばれ、

樽から作業台へと金目鯛は移され、
そこから1匹1匹とある機械に載せていきます。


そして、ここから・・・


金目鯛のレースが始まるのです。




位置について??・・・

よーい・・・

ぎょん!

dsDSC_8404.jpg


金目鯛は、まるで回転ずしのようにベルトコンベアーに載せられて走り出していきます。みな走り出しは順調です!


dsDSC_8386.jpg

作業台側をホームストレートとするなら、反対側はバックストレート。

ホームストレートから走り出した金目鯛は一定の速度で第1コーナー、第2コーナーをクリア。

dsDSC_8372.jpg



そして、バックストレートに入ります。

dsDSC_8371.jpg


順調の走りを見せる金目鯛です!


が、しかし。
バックストレートを快調に走りだしたと思ったと金目鯛に異変が・・・!







dsDSC_8382.jpg

リタイアです!

順調な走りを見せていた金目鯛ですが、バックストレートの途中で無念にもリタイア、コースアウトとなりました。

続々と後続の金目鯛たちが魔のバックストレートに向かいますが、攻略する金目鯛は現れません。

dsDSC_8416.jpg


どの金目鯛もコース外に置かれたカゴに分けられていってしまています。

dsDSC_8389.jpg

結局、ホームストレートに戻ってくる金目鯛はおらず、すべてバックストレート側のカゴに入ってしまいました。
金目鯛のレースは終わりです。


このように、大きさ別に分けられた金目鯛は、すぐに氷の張った桶に移され、次に、出荷用の発砲スチロールの箱に入れ替えられ、
神津島を旅立っていきます。

レースを行い、サイズ分けを素早く行う効率化により鮮度を落とす事無く、神津島の金目鯛が出荷されていくサイズ分け行程でした。

このブログ記事について

このページは、産業観光課が2016年2月24日 10:23に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「魚市場の様子 大きなエイ」です。

次のブログ記事は「「東京味わいフェスタ2016in臨海副都心」に出展してきました。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2016年5月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31