神津島農協にて直売市が開かれる。

平成28年2月13日 神津島農協にて直売市が開かれました。

ds12733963_981106315316408_6549770048809429203_n.jpg

ds12742559_981106515316388_2928286499534633600_n.jpg

JA東京島しょ神津島支店の後継、神津島農協が2月12日よりオープンし、2月13日に直売市を開催しました。
朝10時30分の開始で、新鮮で安い野菜を求める人によって、会場は埋め尽くされました。

ds12728950_981106461983060_9169473138528958907_n.jpg
小ぶりな大根は1本50円?
大きな立派な大根もありました。

ds12715364_981106595316380_548315581114641147_n.jpg
小ぶりなキャベツも70円程での販売。

ds12745851_981106398649733_614790445520110609_n.jpg
なんと巷で噂の、ヨーロッパ野菜「ミナレット」も販売していました。120円くらいです。

ds12705289_981106351983071_3885575650446736201_n.jpg
唐辛子と島トウガラシ。品揃えも抜群!

ds12688378_981106378649735_3421473861168568102_n.jpg
神津島産のパッションフルーツも小売していました。

生鮮品だけでなく、加工したものも販売されています。
ds12743543_981106481983058_5387021260382393605_n.jpg
ポテトサラダ。

ds12728952_981106295316410_310581002015429911_n.jpg
漬物。

ds12729383_981106275316412_2400705203139161646_n.jpg
神津島の郷土料理。切干餅。

ds12729383_981106538649719_2772019414928421354_n.jpg
切干大根。

ds12734020_981106328649740_7568017418993515004_n.jpg
おはぎ。

ds12733651_981106425316397_1024323126830896969_n.jpg
切干粉。などなど。

たくさんの商品が来場した方を楽しませてくれました。

この2月12日より新しくスタートを切った「神津島農協」ですが、
直売市の賑わいは農協への期待、神津島の農業の未来への展望の良さを示しているようでした。
これからも農協と農業従事者、そして消費者の相互理解と支えあいで、神津島農業の発展となればよいですね。



このような直売市の開催により、地元で作ったものを地元で消費することが容易になります。
「地産地消」それは、単純に島で出来た物を島で食べるということではありません。

●島の生産者が生産した野菜が島の中で売れる。
 →島の生産者の収入となる。
  →生産者の士気が上がる。
   →神津島の農業が盛り上がる。

 →お金が島の中で回る
  →島の中にあるお金が本土に出て行かない
   →島が豊かになる。

●直売市を通じて住民のコミュニケーションがとられる。
 →ちょっとした会話から良いアイデアが生まれる。
   →企画が生まれる


このように、直売市を開催することは、売る買う意外に良いものをもたらせてくれます。
農業を通じて広がる可能性、今後に期待です!

また、神津島農協立ち上げに当たってご尽力頂いた関係者の皆様、ありがとうございました。


ds12741995_981106438649729_4983261788146709135_n.jpg

このブログ記事について

このページは、産業観光課が2016年2月16日 08:45に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「神津島に寄港する船の紹介 「フェリーあぜりあ」」です。

次のブログ記事は「保育園バザーが行われました」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2016年5月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31