餅つき、そして仕事納め

特別養護老人ホーム「神津島やすらぎの里」で餅つきが行われました。

DSC_4213.JPG

はまゆう保育園に引き続き、12月26日(土)に神津島やすらぎの里でも餅つきが行われました。
島の若者と地域の方がボランティアで餅を突きに来てくれたおかげで、とても賑わいのある時間となりました。

保育園の時は、普通の白い餅のみでしたが、
今回は、それに加え、ヨモギを混ぜたヨモギ餅、さつまいもを混ぜた、イモ餅を突きました。
イモ餅とヨモギ餅は普通の餅よりも、突きづらいので、それを突くことになった人は、少し残念な表情をしましたが、
悔しさを餅にうちつけ、いつものようにおいしい餅となりました。

DSC_4207.JPG
これが、もち米とさつまいもの粉を一緒に蒸かし、臼に移した状態です。
餅にして、干せば、神津島の郷土料理、「切干し餅」となります。 

突きたての餅に、あんこ、おろし醤油、ゴマ、きなこをまぶしおいしく頂きました。

餅の種類が3種類、トッピングの種類が4種類なので、組み合わせは、なんと12種類もあることになりますね!

これに加え、
焼き鳥、くさやも振る舞われました。

島のあばあちゃん、おじいちゃん達は、餅を突く姿を見て、突きたての餅を食、くさやも食べて、楽しくおいしい餅つきとなりました。

 →やすらぎの里でもブログを書いているので是非ご覧ください。やすらぎの里ブログ

さて、話は変わりますが、
本日12月28日で年内の業務が終了となり、
来年は1月4日からの業務開始となります。
2015年もありがとうございました。

1月2日には大漁を祈願し、みかんやお菓子、おひねりをまく、乗り初めがありますので、是非お楽しみください。

それでは、皆さま、よいお年をお過ごしください。

DSC_4220.JPG

このブログ記事について

このページは、産業観光課が2015年12月28日 16:28に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「とある日の展望」です。

次のブログ記事は「あけましておめでとうございます。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2016年5月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31