とある日の展望

12月19日土曜日 空気が澄み、遠くまで見えました。

DSC_4002.JPG

本日12月25日は、晴となり暖かくなりましたが、西風強く吹いています。

さて、冬は空気が澄み、星がきれいに見えたり、景色も遠くまでよく見えるようになる事があります。

先週の土曜日、島の北側に来てみると、式根島、新島、利島、大島、伊豆半島がくっきり見えました。
見れないときは、全然見れないのですが、今日は奥の大島までくっきり見えました。

向きと場所を変えて、南西の方向を見ると、三宅島、御蔵島、大野原島がはっきり見えました。
また、三宅島の雄山には夕日が照らされ、山の表面が赤くなり、凹凸の影により、
三宅島がリアルティに伝わってきました。普段、シルエットばかりを見ている三宅島ですが、
こうして見れるとなると、身近に感じれますね。

ちなみに、神津島から三宅島に行こうとなると、定期航路はなく、一度東京に出なければなりません。
客船のみで向かうとなると、約19時間もかかる、神津島からは時間的に遠い島です。

そして、ふと、御蔵島の右方向を見て見ると・・・。


DSC_4015.JPG
(※画像は、八丈島が確認しやすいように加工しています。肉眼でもはっきり見えました。)


なんと!八丈島と八丈小島が見れました。
船の真上に八丈島の影。そのまま水平移動し、画像右端に八丈小島の影が見えませんか?

展望台の案内板には、見れると書いてあったのは知っていたのですが、
自分自身の肉眼で見たのは初めてです。


神津島と三宅島の距離は約30キロメートル
神津島と下田の距離は約56キロメートル
神津島と御前崎(静岡県)の距離は約97キロメートル

そして、神津島と八丈島の距離は約128キロメートルです。


いつも同じ景色だと思いがちな展望台からの眺めでも、
時間、季節、天気、で様々な表情を見せてくれのはおもしろいですね。


DSC_4014.JPG

このブログ記事について

このページは、産業観光課が2015年12月25日 16:48に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「卓球大会が開催されました。」です。

次のブログ記事は「餅つき、そして仕事納め」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2016年5月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31