中学生の進路授業

進路について考える授業が行われました。

本日、中学2年生の進路授業の一環で、
地域おこし協力隊の体験談を聞く授業が行われました。

授業の始めに、眠気覚まし「古今東西」ゲームを行い、
給食後の眠気解消と、緊張をほぐしていました。

お題をだし、それに沿った答を出していくゲームで、
例えば、お題は、国の名前、都道府県の名前とかで、
北海道、和歌山、鹿児島などを順々に答えていき、
お題に沿っていない答や、詰まってしまったら負けとなります。

授業でのお題は、
「伊豆諸島・小笠原諸島の島の名前」が示され、
みな悩み、思い出しながら答えていました。



みなさんはどのくら答えられますか?

分かりやすいのは有人島で、
大島、利島、新島、式根島、神津島、三宅島、御蔵島、八丈島、青ヶ島、父島、母島あたりでしょうか。
 

そして、少しマニアックな答で、
鵜渡根島、早島、地内島、祇苗島、恩馳島、大野原島、藺灘波島、八丈小島、  嫁島、兄島、弟島、姉島、妹島、硫黄島、沖の鳥島 など

たくさんあるんですね。


ゲームのあとは、地域おこし協力隊の経歴、どんな中学生だったのか、どんな高校生活だったのか、なぜ神津帰って来たのかを語り、
最後は、地域おこし協力隊からのメッセージ、生徒からの質問で終わりました。


10代半ばで今まで住んでいた地を離れる選択肢を考えなければならないのは、離島ならではですね。

とにかに、自分の進路、どういう道になったとしても、自信を持てる進路になればよいですね。

このブログ記事について

このページは、産業観光課が2015年12月15日 16:44に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「お遊戯会」です。

次のブログ記事は「12月16日 クリスマス会」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2016年5月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31