11月19日(木) 低気圧が通過していきました。

昨日の雨模様は・・・

 DSC_2156.JPG

 八丈島では50年に一度の大雨が降ったようです。
土砂崩れなど被害のないことを願います。

写真は神津島のとある側溝です。
枯葉が雨により溜まっていますが、それほどでもない印象を受け、
雨による被害の報告は入っておりません。

ちなみに、役場にある気象観測機のデータによると、
神津島の雨は11月18日は16時から降り始め、19日の2時頃で止んだようです。
どのくらいの雨だったかというと、

【1時間あたりの雨量(単位:mm)】
16時2.5
17時1.5
18時2.5
19時2.0
20時1.5
21時3.0
22時1.5
23時3.5
0時2.5
1時4.0
2時1.5 
 

時間雨量が3mmの目安は、誰もが傘を差すのが必要と思うほどだそうです。
なので、21時、23時から1時台あたりに強い雨が降ったと予測できるのですが、

実際はいかがでしたでしょうか?

身近な気象に目を向けるのもおもしろいですね。
気象から科学へ繋がり、雨による日本文化への影響、さらには防災など、
雨ひとつからテーマは広がりますね。

このブログ記事について

このページは、産業観光課が2015年11月19日 09:50に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「11月18日(水) ゆり丸が運航していました。」です。

次のブログ記事は「11月20日(金)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2016年5月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31