仕事はじめ。

仕事はじめ。

26613910_1582717521821948_717925257_o.jpg

あけましておめでとうございます。
平成30年、今年もよろしくお願い致します。

神津島では、この時期も色々な行事、イベントが行われておりました。

1月1日
初日の出と共に太鼓の演奏

1月2日
乗り初め
多幸湾にて船の上からお菓子やみかん、お捻りを撒く漁師の行事です。

凧上げ大会 
よたね広場で子供たちが集まって、凧をあげました。
26610586_1582717405155293_1229232585_o.jpg


1月3日
成人式
神津島では成人式をこの日に行います。
島内では、袴や振り袖を着た新成人を見かけることがありました。


本日は、神津島の子供たちがスキー教室にでかけていきました。


神津島、2018年スタートです!

仕事納め28日

仕事納め28日

26175301_1576047515822282_985772781_n.jpg

本日12月28日で、平成29年の業務は終了となります。
平成30年は1月4日より業務を開始いたします。

26175501_1576047762488924_119452319_n.jpg

1年間、ありがとうございました。

平成29年は来島者数が前年より約5000人多くなりました。
来年はどのような1年になるのでしょうか。

平成30年もよろしくお願いいたします。
 

ふたご座流星群が良く見えました。

ふたご座流星群が良く見えました。

25397948_1563615400398827_1775900745_o.jpg

平成29年12月14日午前1時

13日の23時頃には雨が降り雲がかかってきましたが、
その後は、雲もなくなり、流れ星探しにはぴったりの天候となりました。

写真は、よたね広場から見えた流れ星です。
比較明合成という、数枚の写真を合成したものなので、
写真のように1瞬で何個も同時に流れ星が見えるわけではないですが、
小さいものも含めれば、多い時に1分間で1個くらいのペースで流れ星を見ることができました。

翌日の14日20時頃も多くの流れ星が流れ、よたね広場の暗闇に集まった人々は、
流れるたびに歓声をあげて、ふだんは静かな夜のよたね広場も賑やかな時間となりました。

output_comp2.jpg


次の流星群は、1月頭のペルセウス流星群。
その時は月が明るく、観察条件は悪いですが、明るい流星なら見えるので探してみてはいかがでしょうか?



夜空を気にする島の生活でした。

保育園で餅つきが行われました。

保育園で餅つきが行われました。

KKN_9617.JPG

12月14日、はまゆう保育園にてお餅つきが行われました。

星組さんは、実際に杵をつかって、お餅をつきました。

みんな、杵を重そうにもちながらも一生懸命に、
お餅がおいしくなるようにとわっしょいわっしょい掛け声を響かせました。

KKN_9611.JPG


ついたお餅は、
きなこ、あんこ、しょうゆのり味にして、みんなで頂きました。
園児はみな、たくさんのお餅のおかわりをして、突きたてのお餅の美味しさを知りました。

KKN_9815.JPG

KKN_9743.JPG



KKN_9735.JPG

やぎの小林さんも元気です。
お餅を食べれず残念そうでしたが、その代わりに明日葉を元気よく食べていました。

本日は、ふたご座流星群の見頃です。

本日は、ふたご座流星群の見頃です。

25360382_1562412243852476_549409998_n.jpg

冬型の気圧配置となり、西ん風が強く吹く神津島です。
風が強く吹くと、空気中のチリなどが飛ばされ、星がよりよく見える日となります。

25346659_1562412230519144_1824312573_o.jpg

それにしても、風は強く、海は真っ白。
時折、波消しブロックから大きな波しぶきが上がります。

25323654_1562412227185811_808175585_n.jpg

神津島港の桟橋も波が被るほど。


そんな、神津島ですが、
本日は今年のふたご座流星群を見るのに良い日です。

多いと1時間に40個程の流れ星を見ることができるそうなので、
風は強いですが、外に出て星を眺めてみてはいかがでしょうか?


流れ星を見るのには、ふたご座にこだわらず、空を広く見ることが良いとされていますので、
ふたご座の位置を知らなくても大丈夫なのですが、場所の説明をすると、

よたね広場から見た場合、高処山に向かって左のピークあたり、今日は22時頃には見えると思われます。

hutagoza1.jpg
(クリック画像を拡大できます。)

神津島の冬!と言ったら「西ん風」かもしれませんが、
いずれ、神津島の冬!と行ったら「冬のスターウォッチング」となると良いですね。

ちなみに、ふたご座は、金色と銀色に見えるということから、金星、銀星とも呼ばれております。

伊豆諸島ウォークin神津島 が開催されました。

KKN_7197.jpg

TOKYOウォーク2017特別編が神津島で開催されました。

TOKYOウォークとは、
東京の魅力あるエリアを体験しながら歩く機会を設け、都民の健康づくりとスポーツへの興味、関心を喚起するウオーキング大会です。
8年目となる今年も、区部・多摩の都内5箇所にウオーキングエリアを設定し、開催しているものです。

その特別編として、伊豆諸島でも開催しており、
おととしは三宅島、昨年は新島、今年は神津島での開催となりました。

当日は、
季節風が吹く1日でしたが、
参加者みな潮風に負けず、Aコース13km、Bコース7kmをウォーキングしました。

KKN_7622.jpg

コースの途中には、展望台や海沿いの道など参加者を楽しませてくれるポイントもたくさん!

KKN_7679.jpg

KKN_7820.jpg

 

コースは、
多幸湾をスタートし、天上山黒島登山口方面をまわり、都道を通り長浜、赤崎遊歩道で折り返し、海沿いをいき前浜・まっちゃーれセンターがゴールとなります。

KKN_8052.jpg


ウォーキングの後は、温泉へいく参加者も多数いらっしゃいました。

夜には懇親会が開かれ、
島の料理や神津島太鼓、じゃんけん大会等で楽しみました。



島を通じた、健康づくりの第1歩。
また、ウォーキングや天上山への登山をしに、来島して頂ければと思います。

神秘的な恩馳島

神秘的な恩馳島

KKN_6048.JPG
(画像クリックで拡大表示)

夏の夕日と、冬の夕日がこうも違う印象を抱かせるのはなぜなんでしょう。

また、この時期は沖合に浮かぶ恩馳島も良い雰囲気をだしてくれています。
 

今日の、神津島の日没は16時40分。
日が沈む時刻はどんどん早まり、12月頭には16時28分となりますね。

また、定期船の発着港が多幸湾となる日が増えており、
あぁ、冬になったなと感じさせてくれます。

七五三行事が行われました。

七五三行事が行われました。

KKN_6106.jpg

11月14日、七五三行事が行われました。

神津島では毎年11月14日に男女ともに三と七(保育園年長さん)で行っており、
今年は3歳約20名、7歳約25人の参加となりました。

KKN_6218.jpg

参加した子供たちは、袴や着物で着飾り、キラキラした笑顔を見せてくれました。


行事は、神事が執り行われ、


KKN_6151.jpg


お祓いがされ、

KKN_6214.jpg


お守りが配られました。

KKN_6260.jpg


その後、社会福祉協議会の会長より挨拶を頂き、集合写真を撮影し、行事は無事に終了しました。


、、、子どもたちが健康でいられますように。

神津島ハロウィン2017が行われました。

神津島ハロウィン2017が行われました。

23172385_1755163817840588_8805783602223034842_n.jpg

10月28日に開催予定だったこのイベントですが、台風のために延期となっており、
11月5日に行われました。

当日は仮装した子供たちが賑やかに村中を歩き、
チェックポイントでお菓子をもらいました。

23244242_1755164341173869_8964753012422149515_n.jpg

配布するお菓子は、
島民の寄付により集められ、
子どもたちは袋いっぱいのお菓子を持って帰ったそうな。

11月となりました。

11月となりました。

KKN_6042.JPG

11月となり、
今まで17時になっていたチャイムも、16時となりました。

季節が冬に向かっているのを感じますね。

太陽も日に日に南西方向へ。
恩馳島に被る夕日は、冬の風物詩。

夕日のかくれんぼが終わる頃には、本格的な冬、

季節風の時期となります。