ヤブツバキ

DSC_0651-1.JPG

 

神津島でもヤブツバキが見頃です。

島内では「神椿」(かみつばき)としてツバキ油が生産されており、食用としてやヘアオイルに使われています。

また観音巡礼の際ツバキの葉をお札として札所へ納める風習も残るように島の文化にも根付いています。

 

 

東の空

DSC_0635-1.JPG

 

昨日は激しい雨が一日中降っていたのですが、今朝は気持ちのいい天気です。

日の出の時間も早くなり6時ごろには写真のように明るい空になります。

写真を撮っていると漁船が一隻、港を出ていきました。

多幸湾キャンプ場のHPがリニューアル

img_service1[1].jpg

都立多幸湾公園ファミリーキャンプ場のホームページがこの度リニューアルいたしました。

それに伴いインターネットでのご予約も可能になりました。

さらに3月中のデッキテント料金が半額になるキャンペーンを行っております。

春の神津島へぜひお出かけください。

 

多幸湾ファミリーキャンプ場

 

 

 

 

静かな多幸湾

DSC_0620.JPG

 

西風が続き前浜、神津島港は荒れ模様ですが東側にある多幸湾のおかげで船は毎日来ています。

先週末は風もなく暑いぐらいの天気だったのですが、ここ数日は冬が戻ってきたように寒いです。

ご来島の際は防寒着などまだ必要かもしれません。

電気自動車

DSC_0598.JPG

 

神津島村では電気自動車を導入しました。

充電をするステーションは島内に3か所、それぞれの施設に太陽光パネルを設置し蓄えた自然エネルギーのみ

で走らせています。

排気ガスゼロですので環境にもやさしい、離島にぴったりです。

 

都立神津高校の合格者発表

DSC_0609.JPG

 

今日と明日は都立高校の合格発表日です。神津島でも都立高校があり15名が合格されました。

おめでとうございます!

15名の中には離島留学で入学を予定されている生徒さんもいらっしゃいます。

離島留学とは、本土から親元を離れホームステイをしながら島の高校に通う制度で

東京諸島ではいち早く神津島が導入し、本年度から生徒を受け入れています。

 

季刊しまNo.248「東京の島々の先駆けとなった離島留学」

http://www.nijinet.or.jp/Portals/0/pdf/publishing/shima/248/shima_248_03.pdf

小学生向けの紙漉き体験が行われました。

小学生向けの紙漉き体験が行われました。

04982.JPG

2月25日(土)
多幸湾、弁財天前の「多幸手漉き和紙ハウス」において、
小学生のひと学年を対象とした、和紙の紙すき体験教室が行われました。

煮た桑の木の皮を剥ぎます。
DSC04957.JPG

DSC04956.JPG


表皮を削ります。

D04961.JPG


残った内皮を丸棒で叩き、細かくしていきます。

DSC04970.JPG

DSC04975.JPG


細かくした繊維を漉きます。

DSC04986.JPG

DSC05000.JPG


漉いた物を型枠から外して、乾燥させます。

DSC05007.JPG


体験教室で、ここまで行いました。

全体を通して参加した児童みなが、楽しそうに各行程を行っていました!
完成が楽しみです。



04942.JPG

04943.JPG

紙漉き体験施設の準備が進んでいます。

紙漉き体験施設の準備が進んでいます。

IMG_3921-16-02-17-22-01.jpeg

都道から多幸湾ファミリーキャンプ場へ向かう丁字路を曲がったすぐそこ、
弁財天の道路を渡った向かい側に広場が造られました。

そこでは、
神津島の豊富な湧水である多幸湧水と、
神津島で自生をしている、桑の木を有効活用した、
「紙漉き体験施設」の準備が進んでいます。

現在は、水タンクと作業テント、桑の木を煮る炉が設置されており、
すでに試作品が作られていました。


桑の木から紙を作る過程ですが、

1、桑の枝を切る
IMG_3761-16-02-17-16-18.jpeg

2、水につける。鍋で煮る。
IMG_3759-16-02-17-16-18.jpeg

IMG_3764-16-02-17-16-18.jpeg

3、枝の皮を剥ぐ。剥いだ皮が紙の原料となります。
IMG_3759-16-02-17-16-1228.jpeg

4、皮をほぐす薬剤を混ぜる。
IMG_3759-16-02-17-16-1229.jpeg


5、ほぐす
IMG_3759-16-02-17-16-1230.jpeg

6、ほぐしたもの漉いて、乾燥させ完成
IMG_3759-16-02-17-16-1231.jpeg

となります。

今後、さならに技術力、生産力を高め、
みなさまをお待ちすると思います。

ご期待下さい!

旧暦の1月24、25日は。。。

旧暦の1月24、25日は。。。

旧暦の1月24、25日と聞いて何かピンとくる事はありますか?
ピンと来ないのが世の中で普通かと思いますが、神津島は違います。

KKN_2043.JPG

KKN_2061.JPG

KKN_2078.JPG

そう、現在でも厳粛に伝わる風習、「二十五日様」が行われる日なのです。

この日は、
働いてはいけない、夜間の外出をしてはいけない、早く寝る日とされていますので、写真の通り、

・特に海や山で働いてはいけないので、市場も静まっている。
・温泉保養センターが営業時間繰り上げ
・一部商店も営業時間を繰り上げ

となり、島全体の雰囲気がいつもと異なり、
島民がみなそわそわし、二十五日様という存在におびえております。


この日は、
・海に近づかない
・働いてはならない
・日が沈んでからは外出してはならない
・早く寝なければならない
・家の外に光を漏らしてはならない などと言われており、

少し前までは、便所が外にあったので、
・夜は外に出れないため、家の中に桶を持ち込みそこで用を足した。とも言われております。
 

神事的・厄除け的には、

・神棚にお供え(おもち)を供える。
KKN_2054.JPG

・道路の道祖神にお供えをする。
KKN_2065.JPG

・玄関の前に「イボジリ」という竹で作られた厄除けを置く
(左右に長短2本ずつの計4本、場所によっては短いもの2本など)
KKN_2056.JPG

KKN_2066.JPG

KKN_2069.JPG

KKN_2068.JPG
(竹の先端に藁を巻き、松根のアカシで燻している。)

・やぶれ籠に鎌を刺す
・戸口にトベラの枝を詰め込む
・神主が闇夜に村中の道祖神をお参りする。 などが挙げられます。

 

二十五日様の由来とは?

さて、一体全体、二十五日様とはなんなのでしょうか?

まず初めにご承知して頂きたいことは、
これが正確な由来であるという証拠となる資料は残っておりません。
ある程度の事実と、それが伊豆諸島に伝わっていった際、島に定着していった際に変化していき、
現在のように残っているものが、二十五日様です。
大島や新島でも似たような風習がありますが、異なる点も多くあり、
伝わっている由来も複数あるので、正しい由来というものを断定できないわけで、
むしろ言い伝えられているものすべてが二十五日様と言ってもいいのかもしれません。

以下に記述することも、断定できるものではなく、筆者の推測であることを念頭に置いてください。

 

物忌奈命神社のブログによると

(参照:http://kouzujinja.blog70.fc2.com/blog-entry-116.html

”大島の日忌様、新島の海難法師とは少し違い
他島の伝承では怨霊伝説のようになっておりますが「二十五日様」は
上陸された神を村内の猿田彦神=道祖神をご案内し拝礼して回るという
厳粛な神事であるからです。”

と、あります。
なので、神社の認識としては、
猿田彦神(道祖神)を迎え入れて、島内にある道祖神を拝礼する神事ということです。
神津島本来の二十五日様は、道祖神の行事ということになるのかもしれません。

つまり、言い伝えられている ”夜に出歩くと祟りにあう”などという恐怖的な要素は本来ありません。


ただ、猿田彦神は、天狗の元祖と言われてしまう容姿で、その容姿にコンプレックスを持っており、
素顔を見てしまった者を、身に着けていた「釜」を被せてとりついて殺してしまう。というお話しもあるので、
島内を拝礼している間に人に見られてはいけない、もとい、人が猿田彦神を見てはいけない、ということが、
夜に出歩いてはいけない → 出歩くと祟りにあうなどに変化していったと思われます。
(参照:http://ameblo.jp/tenjousan/entry-12135116504.html)

港で猿田彦神をお迎えするための準備。
KKN_2046.JPG

KKN_2045.JPG

 

神津島の二十五日様の流れ

神津島で広く捉えられている二十五日様は、

旧暦1月23日 三夜待ち 
旧暦1月24日 二十五日様(畏れる日)
旧暦1月25日 二十五日様(畏れる日)
旧暦1月26日 子だまり (子供は早く寝る)の4日間が一般的に認識されている流れかと思います。


三夜待ちの日は、大騒ぎをしても良い日と言われています。
宴会を開き、朝までお酒を飲み、騒ぎ楽しみ、
これから来る畏れる3日間の夜(三夜)に備える。という意味として捉えられています。

24日、25日は両日とも同様で、
海や畑の仕事はしない、早くに家に帰って、早くに寝る。
家の外に光を漏らしてはいけない。とされて、この2日間は特に畏れる日となっています。

26日の子だまりは、
子供は引き続き前日と同様に過ごすというものです。


神津島の二十五日様のご紹介でした。

神社へ通じる昔の参道に鳥居が建ちました。

神社へ通じる昔の参道に鳥居が建ちました。

KKN_0429.JPG


2016年12月吉日
神津島前浜港の船揚げ場付近から物忌奈命神社へ通じる参道に鳥居が建てられました。


一時は、草木に覆われ、土に埋もれ忘れかけられていた参道ですが、
奇麗に整備され輝きを取り戻しました。

KKN_0419.JPG

KKN_0424.JPG


港に直結している参道は、
島での生活と神社への信仰が密接に関係していた事が想像できますね。

参道は50m程の長さで、
登る途中で振返ると、鳥居、港、船、海が見え味のある風景を見ることができます。
KKN_0435.JPG



参道を登っていくと・・・

KKN_0436.JPG

KKN_0437.JPG

KKN_0439.JPG

ほたる小屋の木製散策道に繋がっており、そこを進むと、

KKN_0440.JPG

見覚えのある参道が!

KKN_0441.JPG



ここから先は皆様もご存知ですね。

KKN_0443.JPG


時間のある時に是非、歩いてみてくださいね。