紙漉き体験施設の準備が進んでいます。

紙漉き体験施設の準備が進んでいます。

IMG_3921-16-02-17-22-01.jpeg

都道から多幸湾ファミリーキャンプ場へ向かう丁字路を曲がったすぐそこ、
弁財天の道路を渡った向かい側に広場が造られました。

そこでは、
神津島の豊富な湧水である多幸湧水と、
神津島で自生をしている、桑の木を有効活用した、
「紙漉き体験施設」の準備が進んでいます。

現在は、水タンクと作業テント、桑の木を煮る炉が設置されており、
すでに試作品が作られていました。


桑の木から紙を作る過程ですが、

1、桑の枝を切る
IMG_3761-16-02-17-16-18.jpeg

2、水につける。鍋で煮る。
IMG_3759-16-02-17-16-18.jpeg

IMG_3764-16-02-17-16-18.jpeg

3、枝の皮を剥ぐ。剥いだ皮が紙の原料となります。
IMG_3759-16-02-17-16-1228.jpeg

4、皮をほぐす薬剤を混ぜる。
IMG_3759-16-02-17-16-1229.jpeg


5、ほぐす
IMG_3759-16-02-17-16-1230.jpeg

6、ほぐしたもの漉いて、乾燥させ完成
IMG_3759-16-02-17-16-1231.jpeg

となります。

今後、さならに技術力、生産力を高め、
みなさまをお待ちすると思います。

ご期待下さい!

旧暦の1月24、25日は。。。

旧暦の1月24、25日は。。。

旧暦の1月24、25日と聞いて何かピンとくる事はありますか?
ピンと来ないのが世の中で普通かと思いますが、神津島は違います。

KKN_2043.JPG

KKN_2061.JPG

KKN_2078.JPG

そう、現在でも厳粛に伝わる風習、「二十五日様」が行われる日なのです。

この日は、
働いてはいけない、夜間の外出をしてはいけない、早く寝る日とされていますので、写真の通り、

・特に海や山で働いてはいけないので、市場も静まっている。
・温泉保養センターが営業時間繰り上げ
・一部商店も営業時間を繰り上げ

となり、島全体の雰囲気がいつもと異なり、
島民がみなそわそわし、二十五日様という存在におびえております。


この日は、
・海に近づかない
・働いてはならない
・日が沈んでからは外出してはならない
・早く寝なければならない
・家の外に光を漏らしてはならない などと言われており、

少し前までは、便所が外にあったので、
・夜は外に出れないため、家の中に桶を持ち込みそこで用を足した。とも言われております。
 

神事的・厄除け的には、

・神棚にお供え(おもち)を供える。
KKN_2054.JPG

・道路の道祖神にお供えをする。
KKN_2065.JPG

・玄関の前に「イボジリ」という竹で作られた厄除けを置く
(左右に長短2本ずつの計4本、場所によっては短いもの2本など)
KKN_2056.JPG

KKN_2066.JPG

KKN_2069.JPG

KKN_2068.JPG
(竹の先端に藁を巻き、松根のアカシで燻している。)

・やぶれ籠に鎌を刺す
・戸口にトベラの枝を詰め込む
・神主が闇夜に村中の道祖神をお参りする。 などが挙げられます。

 

二十五日様の由来とは?

さて、一体全体、二十五日様とはなんなのでしょうか?

まず初めにご承知して頂きたいことは、
これが正確な由来であるという証拠となる資料は残っておりません。
ある程度の事実と、それが伊豆諸島に伝わっていった際、島に定着していった際に変化していき、
現在のように残っているものが、二十五日様です。
大島や新島でも似たような風習がありますが、異なる点も多くあり、
伝わっている由来も複数あるので、正しい由来というものを断定できないわけで、
むしろ言い伝えられているものすべてが二十五日様と言ってもいいのかもしれません。

以下に記述することも、断定できるものではなく、筆者の推測であることを念頭に置いてください。

 

物忌奈命神社のブログによると

(参照:http://kouzujinja.blog70.fc2.com/blog-entry-116.html

”大島の日忌様、新島の海難法師とは少し違い
他島の伝承では怨霊伝説のようになっておりますが「二十五日様」は
上陸された神を村内の猿田彦神=道祖神をご案内し拝礼して回るという
厳粛な神事であるからです。”

と、あります。
なので、神社の認識としては、
猿田彦神(道祖神)を迎え入れて、島内にある道祖神を拝礼する神事ということです。
神津島本来の二十五日様は、道祖神の行事ということになるのかもしれません。

つまり、言い伝えられている ”夜に出歩くと祟りにあう”などという恐怖的な要素は本来ありません。


ただ、猿田彦神は、天狗の元祖と言われてしまう容姿で、その容姿にコンプレックスを持っており、
素顔を見てしまった者を、身に着けていた「釜」を被せてとりついて殺してしまう。というお話しもあるので、
島内を拝礼している間に人に見られてはいけない、もとい、人が猿田彦神を見てはいけない、ということが、
夜に出歩いてはいけない → 出歩くと祟りにあうなどに変化していったと思われます。
(参照:http://ameblo.jp/tenjousan/entry-12135116504.html)

港で猿田彦神をお迎えするための準備。
KKN_2046.JPG

KKN_2045.JPG

 

神津島の二十五日様の流れ

神津島で広く捉えられている二十五日様は、

旧暦1月23日 三夜待ち 
旧暦1月24日 二十五日様(畏れる日)
旧暦1月25日 二十五日様(畏れる日)
旧暦1月26日 子だまり (子供は早く寝る)の4日間が一般的に認識されている流れかと思います。


三夜待ちの日は、大騒ぎをしても良い日と言われています。
宴会を開き、朝までお酒を飲み、騒ぎ楽しみ、
これから来る畏れる3日間の夜(三夜)に備える。という意味として捉えられています。

24日、25日は両日とも同様で、
海や畑の仕事はしない、早くに家に帰って、早くに寝る。
家の外に光を漏らしてはいけない。とされて、この2日間は特に畏れる日となっています。

26日の子だまりは、
子供は引き続き前日と同様に過ごすというものです。


神津島の二十五日様のご紹介でした。

神社へ通じる昔の参道に鳥居が建ちました。

神社へ通じる昔の参道に鳥居が建ちました。

KKN_0429.JPG


2016年12月吉日
神津島前浜港の船揚げ場付近から物忌奈命神社へ通じる参道に鳥居が建てられました。


一時は、草木に覆われ、土に埋もれ忘れかけられていた参道ですが、
奇麗に整備され輝きを取り戻しました。

KKN_0419.JPG

KKN_0424.JPG


港に直結している参道は、
島での生活と神社への信仰が密接に関係していた事が想像できますね。

参道は50m程の長さで、
登る途中で振返ると、鳥居、港、船、海が見え味のある風景を見ることができます。
KKN_0435.JPG



参道を登っていくと・・・

KKN_0436.JPG

KKN_0437.JPG

KKN_0439.JPG

ほたる小屋の木製散策道に繋がっており、そこを進むと、

KKN_0440.JPG

見覚えのある参道が!

KKN_0441.JPG



ここから先は皆様もご存知ですね。

KKN_0443.JPG


時間のある時に是非、歩いてみてくださいね。

西高東低の気圧配置

平成29年2月2日 西高東低の気圧配置

KKN_0411.JPG

冬型の気圧配置、西高東低となると、季節風の西風が強まり、海が時化ます。

神津島では、西から吹く風を、「にしんかぜ」と呼んでいますが、
新島や三宅島では同じような西からの強風のことを「てっぱつ」とも呼んでいるそうです。

神津島では、「てっぱつ」と言う方はいないので、
どのような流れで、方言の違いが生まれたのか気になります。

KKN_0458.JPG


さて、神津島で計測している風速計は、
2月2日2時28分に最大瞬間風速30.7m/秒を記録しました。

これは、今季最大となります。

島に住んでいる方で、
「結構、吹いているぞ」と思った方も多いのではないでしょうか?

KKN_0472.JPG

KKN_0470.JPG



まだ、風が強く吹いている神津島です。
そんな日は、火の用心。
火の元の取り扱いには注意しましょう。

神津島星空ガイドが誕生しました。

神津島星空ガイドが誕生しました。

KKN_0164.JPG

1月26日に、神津島星空ガイド認定式が行われ、
神津島に神津島観光協会認定の星空ガイドが誕生いたしました。

専任講師として、島外から、
星の文筆家である、景山えりかさんを招き、最後までご指導して頂きました。


星空ガイド受講生の募集は、2016年4月に行われ、

ガイド養成講座が、

第1回講座5月25日(水)
第2回講座9月28日(水)
第3回講座12月7日(水)
第4回講座1月25日(水) の4回の講座(学科と星空の下での実技指導)あり、

最終関門として、1月25日の夜に行われたガイド実技試験を経て、
9人が神津島観光協会公認ガイドとして、認定されました。


今後、神津島のツアーの中で、星空ガイドや、
地域での星空を楽しむイベント開催など、
星空が神津島の財産となっていくことが楽しみです。

imagellll.jpg

宿泊自然教室の募集を行っております。

ebiebi.jpg
(画像をクリックで拡大)

 

多幸湾キャンプ場では宿泊自然教室の参加者を募集しております。

テーマは「神津島伊勢えび漁体験」となっており、
実際にエビを取る網を海にいれたり、網を引き揚げて、網からエビを外したりします。

DSaaC_3208.JPG

島内観光に加え、イセエビのお土産や、イセエビの味噌汁など、
神津島を満喫できる宿泊自然教室となっておりますので、

是非、ご参加してみてはいかがですか?

詳細は、
上記の画像の拡大か、こちらよりPDFの資料ごご覧ください。

申込は、まず電話からとなりますので、
申込の場合は、
多幸湾キャンプ場 04992‐8‐0661までご連絡ください。


添付資料
申し込み用紙(PDF)

kouzu-miura2.jpg

IMG_2742.JPG

DSC_644498.JPG

天上山にうっすらと雪が積もりました。

平成29年1月25日 天上山にうっすらと雪が積もりました。

KKN_0153.JPG

天上山が少しだけ雪化粧しました。

朝方、神津島村役場で計測している気温は3.4度を記録。

標高が100m上がるごとに、気温は0.6度ずつ下がると言われています。
つまり、標高572mの天上山と、役場では約3度違うという事になり、
天上山の頂上部はほぼ0度くらいになっていたということになります。


yukiyuki.jpg


雪が降って、寒いと思われてるかもしれませんが、
今日は、季節風の西風(にしんかぜ)も穏やかなので、
どちらかというと、暖かい印象をうける、そんな1日です。
 

フィッシングショー2017に神津島ブースが出展しました。

16113138_1250397791720591_6331879859117487_o.jpg

みなとみらい・パシフィッコ横浜で行われた、
「JAPAN FISHING SHOW2017」に神津島ブースが出展し、
神津島の宣伝を行ってきました。

1月20日から22日の3日間で行われたフィッシングショー。
毎日、大勢の方が神津島ブースを訪れて来てくれました。

釣り好きな担当者の方と、来場者の方々とたくさんの釣りトークが盛り上がり、
たくさんの方が、興味をもってくれました。


また、同じ日に、神津島では、
「釣り」をテーマとした宿泊自然教室が行われ、島外のファミリーが釣りを楽しんでいました。


海での海水浴や、赤崎遊歩道の飛び込みは気温の関係で夏季しかできませんが、
釣りは冬でも春でも楽しめますので、釣りをしに神津島へ来て見てはいかがでしょうか?

良い天気になりました。

良い天気になりました。

KKN_0149.JPG

1月8日から降り出した雨と共に荒れ始めた天気ですが、
1月17日に約10日振りの風もほとんどない快晴の1日となりました。

天候が荒れ、海がずっと時化ていた後の、「良い天気になりました」というワンフレーズには重みを感じますね。

さて、
吹き続けていた西ん風(にしんかぜ)のおかげで空気が澄んだのか、
いつもより遠くがくっきりと見えました。

写真は、南アルプスの山々です。

この日は、静岡県の御前崎、南アルプス、伊豆半島、富士山なども見え、
見る方向を変えると、年に数回しか見ることのできない、八丈島も見ることができました。



ふと、神津島からどここまで見えるのか?と考えてしまうことがあります。

以前あったどこかの展望台の案内板には「アメリカ→」という表記がありましたが、それはさすがに無理だろうと思いますが、
もっと西にあるであろう、愛知県や三重県、和歌山県の大地が見える日がくるのでしょうか?

静岡県の御前崎は神津島から約100km。
そこでさえ、うっすらとしか見えないのですが、

三重県の鳥羽までは約2倍の約215km、
和歌山県の太地町までは約3倍の約300km・・・

標高が高いところに行く、光の屈折を加味するなど、
様々な条件を考えれば、・・・どうでしょう?


凪た日に遠くを見て妄想してしまう、島時間でした。

成人式が行われました。

成人式が行われました。

平成29年1月3日、生きがい健康センターにて、第61回成人式が行われました。
新成人の皆さまおめでとうございます。

KKN_9039.JPG

式典では、国家斉唱、村長挨拶、記念品贈呈、来賓挨拶、新成人による謝辞が行われました。


KKN_8868.JPG

KKN_8852.JPG




KKN_8999.JPG
新成人による謝辞。


式典の後は、祝賀会が開催されました。
KKN_9118.JPG

アトラクションとして、
神津島太鼓が演奏されましたが、
なんと、新成人も演奏に加わり、一緒に太鼓を叩いていました。

KKN_9175.JPG

その後、自己紹介や、神津高校にて担任を務めた先生からの挨拶など、楽しい時間を過ごし、祝賀会は終了しました。

自己紹介の中で、今後、島に帰らない、定年後に島に戻る、来年から島に戻る、など、様々な人生プランを語ってくれました。
どのような形であれ、神津島と共に大人の世界を歩んでいただければ、うれしいですね。