○神津島村生きがい健康センター設置及び管理等に関する条例施行規則

平成15年3月13日

規則第2号

(趣旨)

第1条 この規則は、神津島村生きがい健康センター設置及び管理等に関する条例(平成15年神津島村条例第7号。以下「条例」という。)第15条の規定に基づき、神津島村生きがい健康センター(以下「健康センター」という。)の管理運営に関し、必要な事項を定めるものとする。

(使用の対象)

第2条 条例第6条の規定により、村長が必要と認める場合使用できる者は、次のとおりとする。

(1) 神津島村に住居を有しない者であっても、直接神津島住民の健康増進のためのものであると認められるもの。

(2) 前号に規定するもののほか、村長が考慮し、使用させて差し支えないと認めたもの。

(使用料)

第3条 健康センターを使用する者は、別表に定める使用料を納付しなければならない。

(使用許可申請)

第4条 条例第7条の規定により健康センターの施設の使用について許可を受けようとする者は、様式第1号による使用許可申請書を村長に提出しなければならない。

(使用許可)

第5条 村長は前条の規定による申請書を受理したときは、内容を審査し、支障がないと認めたときは、使用許可書(様式第2号)を交付するものとする。

2 村長は、次の各号のいずれかに該当する場合には、その使用を許可しないものとする。

(1) 管理上支障があると認めるとき。

(2) 公共の福祉に反すると認めるとき。

(3) 公の秩序又は善良の風俗を乱すおそれがあると認めるとき。

(4) その他、村長がその使用を不適当と認めるとき。

(使用料の減額又は免除の申請)

第6条 条例第9条の規定により、使用料の減額又は免除を受けようとする者は、様式第3号による使用料減額、免除申請書を村長に提出しなければならない。

(使用料の減免)

第7条 条例第9条の規定に基づく使用料の減免は次に掲げる各号に該当する場合、使用料を減額し、又は免除することができる。

(1) 公共団体又は公共的団体が公益のために使用するとき。 全額

(2) 村内の公共的性格を備える団体若しくはグループが、公共目的のために使用すると認められるとき。 半額

(3) その他村長が特に認めたとき。 全額又は半額

(使用者の遵守事項)

第8条 使用者は、次の事項を守らなければならない。

(1) 火災及び盗難防止に努めること。

(2) 施設及び設備をき損し、又は汚損しないこと。

(3) 許可なく物品等を販売しないこと。

(4) 騒音を発し、又は暴力を用いる等他人に迷惑を及ぼす行為をしないこと。

(5) その他職員及び係員の指示に従うこと。

(破損滅失の届出)

第9条 使用者は施設又は設備を破損し、又は滅失したときは、速やかにその旨を届け出なければならない。

附 則

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成17年規則第4号)

(施行期日)

この規則は、平成17年4月1日から施行する。

別表(第3条関係)

区分

半日

全日

夜間

備考

地域交流ホール

2,500円

5,000円

3,500円

 

生きがい教室

1,200円

2,400円

1,600円

 

相談室

1,200円

2,400円

1,600円

 

調理室

1,800円

3,600円

2,500円

 

備品・健康機器

一人1台=1時間につき200円、2時間につき400円とする。

平日の午前9時から午後5時までは無料とする。

(1) 半日とは4時間以内をいい、全日とは4時間を超え8時間以内とする。

(2) 夜間とは、午後5時30分から9時30分までとする。

(3) 全館使用の場合、半日は1万円、全日は1万5千円、夜間は1万2千円、1日中は、8時間以上とし、2万5千円とする。

画像

画像画像

画像

神津島村生きがい健康センター設置及び管理等に関する条例施行規則

平成15年3月13日 規則第2号

(平成17年3月25日施行)