しま小屋(学習する場)の概要

神津島村教育委員会では

 

「子どもの脳は鍛えれば鍛えるほど発達する」

「小さい頃の子育てによって将来が変わってくる」

「8歳から12歳位をゴールデン・エイジ(黄金の年齢)という。この時が一番伸びる。この時期が最重要」

 

との考えから、下記のように小学生を対象に学校の授業がある日の月曜日から金曜日まで、しま小屋(学習する場)を開設しています。

どの子も基礎学力を身につけ、学校の授業にも意欲的に取り組み、更に学力を向上させていって欲しいと願っています。

 

                                                                                                記

 

 

場所   神津島村図書館

 

 

時間   午後2:30から午後4:30

     

    ※学年によって時間が異なります

 

内容   読み(音読5分)・書き(漢字練習5分)・計算(10マスか100マス計算5分)後の15分は宿題をします。

 

指導者  学習支援員3名 図書館スタッフ3名(学習支援補助員)

 

 学校の授業が終了後、カバンや筆記用具を持って、図書館に来ます。学習が終了したら、

    図書館で帰りの放送があるまで本を読むのもよし、帰宅するのもよいでしょう。

 また、習い事がある日はそちらに行ってください。

         毎日、学習することによって、確実に基礎学力は身についていきます。

 

このブログ記事について

このページは、教育課が2018年6月 5日 18:08に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「広報こうづ平成30年6月号」です。

次のブログ記事は「平成30年度 島しょ海水(水浴場)水質検査結果について」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2018年10月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31