人材育成基本方針について

人材育成基本方針について

1、人材育成の基本方針の意義

 近年の地方自治体を取り巻く環境は、高齢化、少子化の急速な同時進行や環境問題の顕在化、経済環境の変化及び地方分権型社会の進展など、社会情勢が変化する中、行政に対する住民ニーズも複雑多様化し、よりきめ細かな行政サービスの提供が求められています。

 このような現状を鑑み、社会情勢の変化に柔軟かつ、弾力的に対応できる職員の人材育成に努めることが肝要であります。
 
 これまで、職員研修への積極的な参加をして参りましたが、更なる職員の意識改革と資質の向上を効果的に推進するため「神津島村職員人材育成基本方針」を策定するものです。

詳細は、以下のPDFデータをご覧ください。
 
 

人材育成基本方針.pdf

このブログ記事について

このページは、総務課が2017年6月13日 14:12に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「平成27年度財政状況資料集の公表」です。

次のブログ記事は「平成28年度離島漁業再生支援事業による取組概要」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2017年6月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30