友好都市の長野県佐久市で、りんごオーナーを募集しています。【4/14まで】

友好都市 長野県「佐久市」で、りんごオーナーを募集しています。

 神津島と友好都市である長野県「佐久市」で、りんごオーナーを募集していますので、お知らせいたします。

ringo8.jpg
(http://www.city.saku.nagano.jp/machizukuri/nogyo/kurashi/nogyotaiken/ringo_owner/saku/boshu.files/H29ringo.pdfより抜粋・転載)



 「りんごオーナー」とは、佐久市のりんごの木のオーナーになり、年間を通じて佐久市で開かれる様々な体験会への参加、
その木に成るりんごを自ら収穫したり、収穫できない場合は発送してくれる制度です。


佐久市と神津島村は平成六年より友好都市としての調印がされ、約20年続く友好都市です。

なぜ、遠く離れた長野の佐久市と友好都市となったのでしょう?
それは、佐久市には「神津」姓の方が多くいらっしゃいます。その神津姓の由来は神津島の神津なのです。
これは、歴史的に証明されています。


りんごオーナについての 詳細は、
長野県佐久市ホームページ「<平成29年度>佐久地域りんごオーナー募集」、「佐久地域りんごオーナー募集要項【PDF】」をご覧ください。


りんごオーナーのおおまかな流れとしては、

1、オーナー希望者が郵便局にて郵便取扱振込票にて必要事項を記入し入金する。

2、4月下旬に佐久市果実生産組合から「ほ場案内」が送られてくる。

3、5月4日 花見&花摘み体験会 (交通費・宿泊費はオーナー負担 以下同じ)

4、6月4日 実摘み体験会

6、9月初旬 体験会の案内が送られくる。

7、9月17日 りんご名入れ体験会

8、10月1日 葉摘み体験会

9、11月25、26日 りんごの収穫

となります。収穫にいけない場合は、発送していただけます。(着払)


1年間のみのオーナーとなりますが、友好都市の佐久市を知って味わってみてはいかがでしょうか?



以下に、募集要項から1部抜粋して紹介いたします。
ringo2.jpg

  ringo3.jpg
ringo4.jpg
 

ringo9.jpg

ringo10.jpg
ringo11.jpg

 

このブログ記事について

このページは、産業観光課が2017年1月31日 09:49に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「温泉保養センター休館のお知らせ(2月1日〜10日)」です。

次のブログ記事は「広報こうづ平成29年1月号」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2017年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28