婚姻届

pencil届出人

夫と妻(それぞれ署名・押印が必要です。)

※注釈:婚姻届出書には、夫と妻のほか、成人の証人2名の署名・押印等が必要です。

pencil届出先 

夫か妻の本籍地、または住所地の区市町村の戸籍窓口
結婚式を挙げた場所の区市町村の戸籍窓口に届け出ることもできます。

pencil必要なもの 

・届書1通
  ※注釈:成人の証人2名の署名・押印を必ずお願いします。
・戸籍謄本(戸籍全部事項証明書)
  ※注釈:届出先に本籍がない方のみ
・夫婦の認印 (一方は旧姓のもの)
・父母の同意書 (未成年の方の婚姻の場合)
・本人確認のできるもの(運転免許証・パスポートなど)

婚姻届記載例(法務省HP)(PDFで開きます) 

 

pencil受付時間 

平日(月曜〜金曜)の午前8時30分〜午後5時15分
平日の午後5時15分〜翌午前8時30分や土曜・日曜・祝日・年末年始は、宿日直のものが届出書をお預かりします。 

 

mobaq前もって婚姻日の日付指定をして届出したい場合は

 前日に婚姻届を出してしまうと、婚姻日も前日になってしまいます。当日、ご本人たちの都合が悪い場合には、代理の方に頼んで提出してもらうこともできます。代理人の方が届書をお持ちになる場合には、代理人の本人確認ができるものをお持ちください。

 

 mobaq婚姻届と転入届に提出するにはどちらが先か

 どちらを先に出しても支障はありませんが、婚姻届を出したあとのほうが、新しい苗字・本籍地で住民票をつくることができるので婚姻届を先に出すことをお勧めします。 

 

このブログ記事について

このページは、福祉課が2011年9月28日 15:46に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「子ども家庭支援センター」です。

次のブログ記事は「出生届」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2016年5月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31